ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみと頭皮の関係とは?

顔のたるみと頭皮の関係とは?

公開日: |更新日:

顔のたるみには頭皮も関係しているといわれています。このページでは頭皮と顔のたるみについてどのような関係があるのか、またなぜ頭皮がたるんでしまうのかといった点に加えて、頭皮のたるみを改善する方法を紹介しています。

顔のたるみは頭皮が原因?

よく「顔のたるみは頭皮が原因」といわれます。これは、顔と頭は1枚の皮膚で繋がっているため、何らかの原因で頭皮がたるんでしまった場合、そのたるみは顔の方に下がってくることになるからです。顔のたるみが気になる…と顔のケアを一生懸命行ったとしても、効果は出にくいということになってしまいます。

また、「頭のコリ」もほほのたるみや上まぶたのたるみ、フェイスラインのたるみにもつながるといわれています。

頭皮がたるむ原因

では、なぜ頭皮がたるんでしまうのでしょうか?

頭皮がたるんでしまう原因として考えられているのが、悪い生活習慣を繰り返すことによってコラーゲンの細胞が破壊されるということです。また保護機能が弱くなるといったことから、水分や栄養が蒸発してしまうという点も挙げられます。例えば、紫外線を浴びたり乾燥したりすることや、睡眠不足が続く、過度なダイエットを行うなどで代謝が落ちてしまっている時には、細胞が持つ補修力がダウンしてしまうのです。

また、ストレスも頭皮に影響を与えるといわれています。ストレスを多く感じていると、頭の筋肉や筋膜が緊張してしまいます。すると、血流が悪くなってしまい頭皮のコリに繋がってしまいます。頭皮が凝って固くなってしまうと、顔の筋肉を引き上げることができず、たるみに繋がってしまうというわけです。

頭皮のたるみを改善する方法

顔のたるみに繋げないためには、まずは頭皮のたるみを改善することが大切です。そのためには、下記のような方法が考えられます。

しっかりと頭皮を保湿する

洗顔後に肌をしっかりと保湿している方は多いでしょう。しかし、頭を洗った後などに頭皮の保湿を行っている方は少ないのではないでしょうか? 頭皮の保湿には、頭皮用の美容液を取り入れるのがおすすめです。特に、エイジング成分が入ったものだとより良いでしょう。朝と晩に頭皮につけると良いですが、特におすすめなのがお風呂上がりにタオルドライした後。すぐに頭皮に美容液をつけることによって、浸透しやすくなります。

しっかりと美容液で保湿をして、血行を促してあげましょう。

マッサージを行う

頭皮の血行を促す方法としては、マッサージもおすすめの方法です。5本の指で頭を掴むように添えて、耳上からハチ部分(頭のてっぺんとサイドの間の最も出っ張っている部分)、頭頂部の順番で頭皮を動かしていきます。この時のポイントは「指の腹」を使うことです。時間がないときでもさっとできるマッサージなのでおすすめです。1カ所でも良いので続けるようにしましょう。

規則正しい生活を送る

しっかりと毎日睡眠をとることも大切です。理想は細胞を修復する成長ホルモンが多く分泌される「22時〜6時」に睡眠をとることといわれていますので、ついつい夜更かしをしてしまう方は、寝る時間を意識してみると良いでしょう。

また、起きた時に朝日を浴びると、セロトニンと呼ばれるホルモンが分泌され、細胞が活性化されるといわれています。晴れた日の朝には少し散歩をしてみるのもおすすめです。

食事も見直してみる

頭皮のためであることはもちろん、健康的に過ごすにはバランスの良い食事を摂ることが大切です。特に、たんぱく質やビタミン、ミネラルが不足していないかをチェックしましょう。食事を適当にすませてしまうことが多い方、偏ったものばかり食べてしまう方は、ぜひこの機会に食事を見直してみてはいかがでしょうか。

a