ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » たるみはEMSで予防できる?

たるみはEMSで予防できる?

公開日: |更新日:

EMS美顔器で顔のたるみをケアできる?

微弱な電気刺激を与えて、表情筋にアプローチするEMS美顔器。「EMS美顔器を使用すると、たるみの改善につながる」という話を聞いたことがあるかもしれませんね。顔のたるみが気になっている方なら、「本当にEMS美顔器がたるみケアに効果的なのか?」と気になるのではないでしょうか。

EMSは、上手に使えばたるみ改善効果が期待できます。気になる仕組みや効果について確認していきましょう。

EMS美顔器とは

EMSは、「Electrical Muscle Stimulation」の略。電気によって筋肉を強制的に動かす機能です。EMS美顔器は、電気刺激で顔の筋肉を鍛えます。筋肉を鍛えることで顔のたるみ改善が期待できるアイテムです。

たるみの原因のひとつは、筋肉の衰え。年齢を重ねるごとに、体と同じように顔の筋肉も衰えていき、たるみの原因になります。表情筋は意識しないと鍛えることが難しいため、なにもケアしなければ、衰えは進んでしまうでしょう。

いつものセルフケアにEMS美顔器を使用することで、鍛えにくい表情筋に刺激を与え、顔のたるみの改善を目指せます。

EMS美顔器の仕組みと効果

たるみやシワ予防

EMS美顔器の代表的な効果は、たるみやシワの予防です。表情筋に微弱な電気刺激を与えるのがEMS美顔器の仕組み。顔の筋肉に刺激を与えることで、筋肉の衰えを予防します。

たるみやシワは、表情筋の衰えにより、顔の脂肪が下がってくることが原因のひとつとされています。表情筋は意識してケアしないと、全く動かさない筋肉もあり、年齢が出やすい筋肉のひとつです。体の筋肉をエクササイズで鍛えて筋力の衰えを予防するのと同じように、顔の筋力の衰えを予防するにはエクササイズが必要です。そのエクササイズ代わりになるのがEMS美顔器と言えます。

顔のむくみ解消

顔のむくみに悩んでいる人も少なくありません。むくみの大きな原因は、血行不良です。筋肉に電気刺激を与えると、血行が促進されます。EMS美顔器は、むくみの改善にもつながるでしょう。

リフトアップ

EMS美顔器は、顔のリフトアップにも効果があるといわれています。顔の悩みの中でも、特に多いのは二重あごの悩み。「何をしてもなかなか改善されない」と悩んでいる人は多いです。二重あごが改善しないのは、顔が全体的に下がってきているから。必ずしもあご周辺に脂肪が溜まっているわけではありません。脂肪も含めて顔全体を支えている筋肉が衰えれば、全体が下がってきて、行き場を失ったお肉があごに溜まるのです。EMS美顔器で筋肉に刺激を与えると、筋肉が引き締まります。顔全体のリフトアップにつながるでしょう。

ターンオーバーの促進

EMS美顔器では、肌のターンオーバーを促進する効果が期待されています。ターンオーバーとは、肌が一定の周期で生まれかわる仕組みのことです。ターンオーバーの乱れは、不規則な生活習慣やストレスなどが原因で起こり、ニキビや吹き出物などの肌のトラブルを招きます。ターンオーバーの乱れを改善する方法のひとつは、血行促進です。新鮮な酸素を肌の隅々に行きわたらせることで、ターンオーバーのサイクルが整ってきます。EMS美顔器の電気刺激の効果のひとつは血行促進。ターンオーバーの促進効果も期待できそうです。

EMS美顔器の注意点

EMS美顔器は、使い方を間違えると逆効果になりかねません。注意点を確認していきましょう。

まず、EMS美顔器の使いすぎに注意してください。取扱説明書に記載の使用頻度よりも過度に使用すると、筋肉に負担がかかります。筋肉に刺激を加えすぎると、かえってたるみが悪化してしまうかもしれません。

また、十分なジェルやクリームをつけて、EMS美顔器を使用しましょう。EMS美顔器を使用するとき、ジェルやクリームが足りないと、摩擦で肌を傷つける可能性があります。フェイシャルケアを行っているのにも関わらず、肌トラブルを招いては意味がありません。EMS美顔器専用のジェルには、摩擦を抑える以外に、乾燥を防いだり、電気の伝導性を高めたりする役目があります。

EMS美顔器の機種にもよりますが、使用してはいけない部位があります。目の付近や耳、傷口などはEMS美顔器の使用が禁止されている場合が多いです。取扱説明書をよく読み、使用禁止部位を確認してからEMS美顔器を使いましょう。

EMS美顔器を上手に使って顔のたるみの悩みから解放されよう!

電気刺激を表情筋に与えると、筋肉を鍛えたり、血行を促進したりする効果が期待できるEMS美顔器。たるみだけでなく、シワやむくみ、リフトアップにも効果的だといわれています。

しかし、EMS美顔器を使用しすぎは、かえって負担をかけてしまい、たるみやシワが悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。そのほかの注意点として、EMS美顔器を使用する際、専用のジェルやクリームを十分つけることや禁止部位への使用は控えることが挙げられます。

EMS美顔器を上手に活用して、顔のたるみを改善していきましょう。

a