ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみを改善する美容整形手術とは?

顔のたるみを改善する美容整形手術とは?

公開日: |更新日:

顔のたるみは美容整形手術で改善できる

肌のたるみには多くの原因があり、年齢に限らずたるみに悩んでいる方はたくさんいます。たるみには早めに対処しておくことが大切ですが、たるみを改善する方法として、美容整形手術を受けるという選択肢もあります。

たるみの改善を目的とした美容整形手術にはさまざまな種類があります。例えば「切除手術」や「糸の挿入」「注入治療」「塗布・導入」など。クリニックごとに対応している施術が異なるので、どこのクリニックがどのメニューに対応しているのか、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。また、美容整形手術を受ける前にはしっかりとカウンセリングを受けて、メリットやデメリットを確認した上で施術を受けるかどうかを検討することも大切です。

顔のたるみに関する美容整形の種類

たるみの切除

たるみの切除手術としては、例えば「目の下のたるみ取り(皮膚切除)」があります。これは、目の下にたるみができてしまった場合に皮膚を切除することによって、たるんだ目元をスッキリとさせるもの。目の下のたるみは年齢を感じさせる要素なので、余分な皮膚を切除することで印象が大きく変化させられます。

目の下だけではなく、目の上のたるみを取ることによってスッキリとした目元の印象にすることもできます。

糸の挿入

たるみを改善する手術として、気になる部分に糸を挿入することでたるみを引き上げるという方法もあります。施術に使用するのは、細かなトゲがついた特殊な専用の糸。その特殊な作りによって、しっかりと気になるたるみをリフトアップさせます。

さらに、糸を挿入することによって血流を改善し、肌細胞の活性化を促すことでハリの感じられる肌に導く効果を期待できる点も施術のメリットといえるでしょう。

注入治療

注入治療によってたるみを改善する方法としては、ヒアルロン酸の注入が挙げられます。ヒアルロン酸を注入することによって顔全体にハリを持たせ、たるみを軽減することができると考えられています。

他にも、BNLS注射(脂肪溶解注射)もたるみ治療に用いられています。顔についてしまった余分な脂肪はたるみの原因となり、老け顔にも繋がります。切らずに脂肪を減少させることによって、引き締まったフェイスラインを手に入れることができます。

塗布・導入

コラーゲンピール(マッサージピール)もたるみ改善のための施術として用いられています。これは古い角質を除去しつつコラーゲンの生成を促していく施術で、マッサージをしながら成分を肌に浸透させていくことによって神経線維芽細胞成長因子を活性化させ、真皮内でのコラーゲンの生成を促進させることが可能です。

また、エレクトロポーションによって美容液を導入する施術も肌の引き締めが期待できるため、たるみで悩んでいる方におすすめの施術といえるでしょう。

美容整形のメリット・デメリット

美容整形の手術には、さまざまなメリットとデメリットがあります。

どのような手術を受けるかによっても異なりますが、美容整形のメリットはまず「自分の顔や体に自信が持てるようになる」という点。コンプレックスが手術により解消されるため、気持ちも上向きになることもあるでしょう。

その反面、デメリットとしてはダウンタイムや手術が必ずしも納得できる結果になるとは限らない、という点や費用の高さなどが挙げられます。そのため、手術を受ける前には自分が受けようとする手術はどのようなものなのか、さらにどのようなメリット・デメリットがあるのかを十分に確認することが大切です。

a