ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみはコラーゲンで解消できる?

顔のたるみはコラーゲンで解消できる?

※こちらは医師の監修が入っていないページです。ND編集部により作成したページとなります。

肌のたるみや、しわの改善に効果的なもの、と聞いて「コラーゲン」と答える人は多いのではないでしょうか。実際にコラーゲン鍋やサプリメントを摂取した翌日に化粧ノリが良くなった実感した人も いるでしょう。

ここでは、コラーゲンの人体での役割や、肌にどのように作用しているか、効果的なコラーゲンの摂り方などをまとめています。今後の美肌対策のための参考にしてください。

たるみとコラーゲンの関係

加齢や様々な要因で起こる肌のたるみ。その現象には体内のコラーゲンの量がかかわっています。生まれたときから減少し続けるコラーゲンは、成人以降は急激に減少するので、肌のうるおいや弾力が失われていきます。

コラーゲンは、真皮という肌の深層部に多く、支柱のような役割を果たしていますが、コラーゲンだけハリや弾力を保っているわけではありません。コラーゲンを伸縮自在な網目状につなげるエラスチンや、その隙間を埋めて潤いを保つヒアルロン酸、それらを生成する美肌製造工場ともいわれる重要な細胞、繊維芽細胞などがそれぞれの役割を果たすことでたるみを抑制しています。

コラーゲンとは

コラーゲンは、人体を構成する重要なたんぱく質の一つで、皮膚や骨、血管に多く含まれています。人間の体にあるたんぱく質の約30%占めるもので、 肌の真皮に多く、網目状のネットワークを形成して肌の弾力を保つ働きをしています。28種類存在するコラーゲンのうち、肌に影響するのは9種類です。Ⅰ型、Ⅱ型など型で分類されていますが、 特にⅠ型、Ⅲ型のコラーゲンが、肌の弾力やハリを保つのに重要であると言われています。生まれてから減少し続けているコラーゲンは、20歳を境に急激に減少します。30歳には約半分になり、それが原因で、顔や体全体の肌の弾力が失われ、たるみや皺などの老化が表面化していくのです。たるみや皺をふせぐためには、マッサージや化粧品など外側からのケアはもちろん、バランスの良い食事やサプリメント、ストレスの解消、禁煙、適度な運動など体内でコラーゲンの減少を防ぐ、または新しく生み出すなどの対処をすることが重要です。

コラーゲンについて、もっと詳しく紹介していきましょう。

  • コラーゲンがたるみを解消する仕組み
  • コラーゲンの摂り方
  • ウルセラ治療でコラーゲンを増加させられる

コラーゲンがたるみを解消する仕組み

これまで、コラーゲンをサプリなどで摂取しても、食事で摂取する他のたんぱく質と同じように、消化酵素でアミノ酸に分解されてしまい、体内でコラーゲンを増やす効果はないと考えられていました。 しかし、最近になって、摂取したコラーゲンが体内に吸収されたとわかる目印が発見され、コラーゲンの働きのメカニズムが解明されつつあります。

コラーゲンが血中に入るとプロリルヒドロキシプロリンというコラーゲン特有のペプチドが特異的に増殖します。このペプチドは、線維芽細胞を増やし、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成を促す働きがあります。

線維芽細胞といえば、美肌工場ともいわれる細胞です。その細胞をプロリルヒドロキシプロリンが活性化させることによって、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生成量が増加し肌のたるみを改善していくのです。

コラーゲンの摂り方

コラーゲンを摂取するには、サプリメントなどを飲むのがいいと思いがちですが、せっかく摂取しても、きちんと体に吸収されず、排出されてしまっては 効果はあがりません。まず大切なのは、コラーゲンの基となるたんぱく質や、コラーゲンの合成をサポートしてくれるビタミンCなどが含まれる食事をバランスよく食べることです。 自然につくられるコラーゲンでは量的に足りない、というときに補助としてサプリメントを使用するのが効果的です。

サプリメントの内容としては、コラーゲンを小さくし、溶けやすくしたコラーゲンペプチドのものが効果が現れやすいようです。

ウルセラ治療でコラーゲンを増加させられる

ウルセラ治療で使用する、ウルセラシステムは、皮膚の一番深い部分の筋膜(SMAS)からリフトアップできる、 たるみ治療機器です。

本来、リフトアップ手術でしかできないとされていたのですが、顔にメスや糸を入れることなく筋膜を引き上げることができるのが特徴です。効果も約一年と長めで、ダウンタイムもほとんどないため、翌日から普通に生活できるというのもメリットです。

ウルセラ治療では、コラーゲンの薄い膜である筋膜を加熱することで、立体的に収縮させ、リフトアップ効果をもたらしています。その後の2か月間で、熱変性による 皮下組織の修復が始まるのですが、その際に大量の新しいコラーゲンが再生成されます。コラーゲンが増加することで肌に弾力が戻り、たるみの改善に役立ちます。

またウルトラリフトは照射の熱 は、他の手術では届かない4.5㎜の深い肌の層にまで、60~70℃の温度に到達することができるため、新しいコラーゲン生成を確実に促します。

a