ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 30代に多いたるみの原因と対策

30代に多いたるみの原因と対策

30代の方に多い「肌にハリがなくなってしまう」「たるみ毛穴で毛穴が目立ってしまう」などのお肌の悩み。

こちらでは、肌のたるみやハリが失われてしまう原因だけでなく、肌を美しく保つための対策やスキンケア方法について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

30代に多いたるみの悩み・種類

筋肉の衰えからくるたるみ

肌のたるみの原因のひとつとして、筋力の衰えがあげられます。20代の頃は積極的に運動をしていたけれど、30代になってからは運動不足が続いているという方は、筋力の低下によるたるみが目立ちやすいようです。

また、普段会話をする機会が少なったという方や、表情筋を使って喜怒哀楽を表現することが減ったという方はお顔の筋力が低下しているかもしれません。顔の筋肉は意識的に動かさないと、どんどん衰えて顔のハリを維持できなくなってしまうため、適度に表情筋を使って過ごすと良いでしょう。

脂肪によるたるみ

30代になると20代の頃と比べて代謝が悪くなり、今まで通りの食生活でも太りやすくなります。これまで蓄積しなかった量の脂肪がつくことで、重力にまけてたるんでしまいやすいのです。また、身体の筋肉量が減少している方は肌のハリを維持できず、たるみが顕著にあらわれやすい傾向にあります。

肌の皮下組織には肌のハリを維持する役割がありますが、年齢とともに機能が低下。脂肪の増加は肌のたるみと直接的な関係があるので、普段からたるみ対策を行っておくことをおすすめします。

皮膚自体のたるみ

皮膚のたるみは、肌のハリや弾力が低下することで起こります。30代の肌はコラーゲンの生成量が低下するとともに、減少スピードも速くなるといわれています。特にストレスホルモンであるコルチゾールによってコラーゲンの生成が阻害され、肌のハリや弾力、ツヤが失われやすいので注意が必要です。目の下のたるみや口角のたるみなども、ホルモンバランスの乱れが原因となります。

毛穴のたるみ

毛穴がしずく型に広がってしまう「たるみ毛穴」は、30代前半から起こりやすいものです。たるみ毛穴は、たるみの初期症状ともいわれており、肌のキメ細かさが失われることで毛穴が目立ち始めます。また、要因として最も多いのが、肌の水分バランスやホルモンバランスの乱れです。どちらの場合も対策をしておけば毛穴も目立ちにくくなるので、普段からスキンケアを怠らないようにしましょう。

30代から意識したいたるみ対策

たるみケアに特化したスキンケアアイテムを使ってみる

たるみケアに特化したスキンケアアイテムの特徴として、コラーゲンやレチノールが配合されていることがあげられます。これらの成分が配合されたスキンケアアイテムは保湿力が高く、乾燥によるたるみに効果的です。

ピーリングを行った後に使用すれば、たるみだけでなくシワやハリの改善も期待できるでしょう。

より丁寧な保湿ケアを

もともと肌には潤いを保つ機能が備わっていますが、洗顔で皮脂や保湿因子を落としてしまうと、肌に十分な潤いが行き渡らなくなってしまいます。このような状態を長期間続けると肌トラブルのもとになりやすいため、ケアが必要です。

特に30代になると肌のターンオーバーが乱れやすくなるため、肌への水分補給とともに油分を与えることも忘れないようにすると良いでしょう。

いつものケアにフェイスパックやマッサージをプラス

肌は重力の影響を受けやすく、スキンケアをせずに放置してしまうとどんどん肌のハリが失われてしまいます。そのため、いつものケアにフェイスパックやマッサージをプラスして対策を行いましょう。

肌のマッサージはリンパと血液の流れを意識して、老廃物を排出することが重要です。十分にマッサージを行ったら、パックを使って毛穴を引き締めましょう。また、パックは過度に行うと肌にダメージを与えてしまうため、週に2回程度を目安にしてください。

脂取り紙は使わないほうが無難

夏のシーズンになるとよく使ってしまいがちな「脂取り紙」。ゆらぎ肌になりやすい30代は、肌の表面が脂っぽく内部が乾燥する「インナードライ肌」である場合がほとんどです。皮脂は肌内部の乾燥やダメージを防ぐ役割を担っているので、除去し過ぎるのは良くありません。自分の肌の状態を確認して、ティッシュで軽くおさえるといったような工夫をしてみると良いでしょう。

a