ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ

顔のたるみ対策ナビ

公開日:|更新日:

できることならいつまでも若々しくハリのある肌を保ちたいと思うのは当然のことです。そんなあなたのために、エイジングケアの大敵ともいえる「顔のたるみに」フォーカスを当て、たるみの原因や対策法などをまとめました。

顔のたるみの原因

ふと鏡を見たときにたるみに気づくとショックですよね。顔のたるみで悩んでいる女性は、とっても多いと思います。

たるみは年齢を重ねるとともに出てくるものだと思われがちですが、実は年齢だけが原因ではありません。紫外線の影響や、睡眠不足など日常生活のなにげない行動の中にたるみの原因が隠れていることもあるのです。適切な対策を取れば予防・改善できるので、今一度自分の生活を振り返ってみましょう。

こちらでは顔のたるみの原因や要因を紹介していきます。ほほやおでこ、あごなど顔のパーツごとに検証していきましょう。

首のたるみの原因

1番年齢が表れやすいといわれる首元は、皮膚が柔らかいのでたるみやシワができやすい部位です。次のページでは首にたるみができる原因やスッキリと解消する方法を紹介します。姿勢の改善やエクササイズ、マッサージやスキンケアなどアプローチの方法はたくさんありますので、自分に合ったものを選んでみてください。

まぶたのたるみの原因

以前より視野が狭くなった、目の上に影が見えようになった…という人は、まぶたにたるみが生じている可能性があります。まぶたのたるみはメイクのノリやヨレにもつながり、早めに対処しないとより年齢を重ねた印象になってしまうでしょう。次のページでは、まぶたのたるみの原因や対策法などを紹介しています。

目の下のたるみの原因

目の周りの皮膚は顔の中でも非常に薄くデリケートなので、年齢による肌トラブルがおきやすい部位です。とくに気にしている方が多いのは目の下のたるみです。影のような凹みができるため、年齢よりも老けた印象になってしまいます。目の下のたるみの原因は皮下脂肪の下垂、加齢による真皮の変化など。どれも事前に予防することが重要です。次のページでは対処法も紹介しているので、しっかりチェックしておきましょう。

おでこ・額のたるみの原因

顔の中でもとくに面積の広いおでこは、たるみやシワが目立ちやすい部分です。おでこがたるんでしまうと、実年齢よりもずっと老けて見えることから、気になる人も多いのではないでしょうか。次では、おでこの皮ふがたるんでしまう原因やおすすめの対策法などを紹介しています。明るい笑顔を取り戻すためにも、ぜひ参考にしてみてください。

あごのたるみの原因

年齢とともに垂れさがってくるフェイスライン。最も気になるのはあごのたるみでしょう。あごがたるむと痩せている人でも二重顎になり、太った印象を与えてしまいます。顔の最下部に位置するあごは、もともと脂肪が溜まりやすい部位でもあり、対策をしなければどんどんたるみが進行してしまいます。

ほほのたるみの原因

「数年前よりも顔が大きくなった」「ほうれい線がくっきりと目立つようになった」と悩んでいる人は、ほほにたるみが生じている証拠です。いつまでも若々しい印象でいたい人にとって、ほほのたるみは最も気になる悩みかもしれません。ほほのたるみの原因はかなり多いので、自身のたるみの原因を知ったうえで、適切な対策を取るのが重要です。

あなたは顔デカ?その原因は「たるみ」かも!

「なんだか最近顔が大きくなった?」と感じること、ありませんか?それは太ったからではなく、たるみが原因となっていることが多いです。

こちらでは、本当に自分の顔は大きいのか?知りたくないようで知りたい、チェック方法をご紹介します。日本人の顔の大きさの平均値、A5ノートを使った簡単な計測方法などをまとめています。加齢を含めた顔のたるみの3大原因も紹介しています。普段の生活の中にも顔がたるみ大きくなってしまう理由が存在するので、今一度原因をチェックして正しい対策を取りましょう。小顔になりたい方は必見です。

隠れたるみってご存知?

目に見えてたるんでいる症状ではなく、現時点ではたるんでいないものの、将来表面的に現れる可能性の高いたるみを「隠れたるみ」といいます。「ちょっと気になるけど…大丈夫だろう」と放っておくと、そのままたるんだ顔へと一直線かもしれませんよ?

隠れたるみのチェック方法である「ミラータイムマシーン」もご紹介。自分が10年後もキレイでいるために、1度試してみてはいかがでしょうか?今日から自分の顔としっかり向き合って、早めの対策を取っておくのがベストですね。

糖化とたるみの関係

体内のタンパク質が糖と結びつき、体温で温まることによって劣化する現象が「糖化」です。劣化したタンパク質はAGEsと呼ばれ、肌の老化現象を加速させます。その代表例が、たるみです。糖化が起こるとコラーゲンが劣化し、肌からハリが失われます。さらに、新たなコラーゲンの生成も妨げられるため、ますますたるみが進んでしまうことになります。

「スマホ顔」はシミ・たるみの原因!改善法は?

無表情のままスマホを長時間眺める生活が続くと、顔の筋肉が徐々に衰えていきます。また、画面ばかりを注視することによって目の周辺の血行が悪くなり、クマやしわを生じさせることにもなります。さらに、うつむいた姿勢によって首・肩・頭皮が凝り固まった結果、顔の皮膚を引き上げる力が衰え、顔全体がたるんでしまう恐れもあるのです。

顔のたるみは頭皮が原因かも!?

頭皮も「皮膚」であることに変わりはありません。コラーゲン・エラスチンが減少したり、筋肉が衰えたりすると、顔やボディと同じようにたるんでいくのです。頭皮は顔の皮膚と繋がっているため、頭皮がたるめば、顔も一緒にたるんでしまうことになります。顔のたるみケアの効果が一向に出ないと感じた時は、頭皮のたるみケアにも注力してみましょう。

顔のたるみを予防する方法はある?

たるみを引き起こす原因は、加齢だけではありません。紫外線やストレス、食生活の乱れ、運動不足など、さまざまな要因が関係しています。たるみに繋がる要素を知り、今から対策を取り入れ、将来のたるみを予防しましょう。

年齢による変化と顔のたるみ度チェック

たるみの原因の中でも、避けようがないのが「加齢」です。加齢によって起こる、「骨密度の減少」「コラーゲン・エラスチンの減少」「筋肉の衰え」といったさまざまな要素が絡み合い、顔のたるみに繋がります。

顔のたるみは「筋肉」の違いで決まる?

顔のたるみは、どんな人にも同じように起こるわけではありません。たるみを予防するカギは、「筋肉」です。なかでも重要なのが、顔の下半分にある筋肉になります。トレーニングで「顔筋」をしっかり鍛え、重力に負けない若々しい顔立ちをキープしましょう。

顔のたるみが左右で違う理由と対策

顔の左右どちらか一方だけ、明らかにたるみ方がひどい…。それは、顔が歪んでいるせいかもしれません。生活習慣のクセによって、顔が歪むことは少なくないのです。さらに、歪みを放っておくと、たるみの悪化を招く恐れもあります。歪みの原因と対処方法を知り、バランスのとれた顔を取り戻しましょう。

たるみを改善する正しい姿勢とは

たるみは加齢だけが原因ではありません。日々の姿勢が悪く猫背になりがちな方は、顔がたるんでしまう可能性があります。立ち姿勢はもちろんですが、近年は長時間のデスクワークが原因となり、座っている姿勢が猫背な場合にも注意が必要です。では、どのような姿勢であればたるみを改善することができるのでしょうか?ポイントを見ていきましょう。

たるみの原因は水分不足?

水分不足だけでなく、身体全体の水分不足も顔のたるみの原因となることをご存知でしょうか?身体が水分不足に陥ると、必然的に肌も水分が不足してしまいたるみの原因となってしまいます。肌と体の水分不足チェック項目を活用しながら、自身の身体の水分量を見極めることで改善策を探っていきましょう。

たるみを引き起こす間違った洗顔方法とは

洗顔は肌を綺麗に保つためにもちろん重要ですが、顔のたるみを防止するという観点からもとても重要です。誤った洗顔方法は肌を傷つけてしまうばかりか、毛穴を広げ、たるみをつくる原因にもなってしまいます。正しい洗顔方法を改めて確認し、肌トラブルを防ぎましょう。あなたの洗顔方法は正しいでしょうか?

たるみの原因となる食べ物とは

肌のコンディションには日々の食生活が大きく関係しますが、食べるものによっては顔がたるんでしまう可能性があることをご存知でしょうか?もちろんただ食べるだけではなく、「何を」「どう食べるか」と言うことが重要です。日々の食生活は簡単に改善できるからこそ、たるみに効果的な食べ物を知りたいものです。

顔のたるみ毛穴の原因と改善方法

自身の顔を見た時に、「この毛穴、なんかたるんでる?」と思うことはないでしょうか。実は毛穴がたるんでしまっているのかもしれません。たるみ毛穴は顔のたるみとはことなり、毛穴が拡がってしまっている状態です。洗顔方法の改善や、紫外線対策によって改善できるかもしれません。改善すべきポイントをみていきましょう。

顔のたるみはスキンケアで改善できる?

「リフトアップ」や「ハリ」と記載された化粧品・スキンケアアイテムを使えば、本当に顔のたるみは解消できるのでしょうか?結論から言えば、解消への道筋はありますが、自身の肌の状態を的確に判断する方が重要です。顔のたるみをスキンケアで改善するには、どのようなポイントを押さえると良いのでしょうか?

顔のたるみはマッサージで改善できる?

顔がたるんできた…お金をかけずに改善したい、そう考えたら、真っ先に思いつくのはマッサージではないでしょうか?確かに顔のたるみにはマッサージが有効ですが、方法を誤ると逆に肌を傷つけてしまう可能性があります。また、効かせたいポイントを明確にしなければ、マッサージとして意味を成さない可能性もあります。顔のたるみに効果的なマッサージの方法をまとめました。

顔のたるみはサプリメントで改善できる?

たるみが気になり始めて、サプリメントを摂ってみたけど、効果があるのかないのか分からない…そんな方に向けて、サプリメントでたるみは改善できるのか調べてみました!サプリメントの選び方や注目したい有効成分、肌がたるんでしまうそもそもの原因もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

たるみの原因は日焼け?おすすめの紫外線対策

日焼けの影響といえば真っ先に思いつくのはシミ…ですが、実は、紫外線は顔のたるみにもつながります。たるみの原因は、加齢の影響よりも日焼けの影響の方が大きいと言われるほどです。紫外線は波長の長さによって3種類に分けられており、そのうちたるみを引き起こすのは「UV-A」と呼ばれる種類です。次のページでは日焼け・紫外線が肌のたるみを引き起こすメカニズム、たるみを予防するために知っておきたい紫外線対策をまとめました。

たるみを隠すメイク術

気になるたるみはメイクで目立たなくすることができます。次のページでは、顔全体の印象をぱっと変えてくれる変身メイク術を紹介!顔全体のたるみ、目もとのたるみ、口元のたるみ、それぞれに効果的なメイクのポイントをまとめていますのでぜひチェックしてみてください♪

顔のたるみはツボ押しで改善できる?

顔にあるツボの中には、たるみの改善に効果が期待できるものがあります。美容に良いだけでなく、顔のツボを押すことで、体の不調を改善したり、ストレスを緩和させたりできます。ツボ押しといえば力が必要なイメージがありますが、肌を刺激してしまうので力をかける必要はありません。手軽に取り組めるので、時間があるときに実践してみましょう。

たるみとお酒・飲酒の関係とは?

お酒は健康に悪影響を及ぼすだけでなく、美容にも大敵だとご存じでしょうか。過剰な飲酒は内臓を不調にさせたり、体を冷やしてしまったりする原因にもなります。内臓の不調や体の冷えは新陳代謝を低下させ、肌トラブルを起してしまう可能性があります。お酒は適量にとどめるようにし、肌の良い状態をキープして、たるみを作らないように心がけましょう。

一時的にたるみを引き上げる!リフトアップテープとは

「一時的でも良いからたるみを引き上げたい!」という人には、皮膚を持ち上げた状態で固定し、たるみを引き上げてくれるリフトアップテープがおすすめです。リフトアップテープを使用する前にはメリットだけでなくデメリットを確認しておきましょう。次のページではリフトアップの使用法やバレにくい貼り方、おすすめの商品なども紹介します。

目の下のたるみはコンタクトが原因かも

気になる目の下のたるみ。よくある原因は年齢の影響ですが、実は長年使用してきたコンタクトが原因になっていることも…。コンタクトの長時間の使用は、おでこのたるみやシワの原因にもなるのです。とはいえ、これまでずっとコンタクトを使ってきた方が、コンタクトの使用を辞めるのは難しいでしよう。コンタクトをやめなくても使用方法を見直して、たるみ対策をすることで目の下やおでこのたるみ、シワを防ぐことができます。次のページで詳しい予防法をチェックしましょう。

横向き・うつぶせ寝は肌がたるむ?

寝ている間の姿勢や寝方は体にさまざまな負担がかかるだけでなく、肌がたるんだりほうれい線が深くなるリスクもあります。横向きやうつ伏せでの寝方は肌にとって悪影響を及ぼしてしまいます。肌のたるみやほうれい線を防ぐために、横向きやうつぶせの寝方が良くない理由を知りましょう。

ほうれい線とたるみの違い

ほうれい線は、あるだけで老けた印象になってしまうため、大きな悩みの種です。しかし、「ほうれい線=たるみ」と考え、たるみ対策だけをしている人も少なくありません。実は「ほうれい線=たるみ」ではありませんで、それぞれ異なる対策をする必要があります。次のページでほうれい線とたるみの違いや、それぞれの詳しい対策法を分かりやすく解説します。

たるみと季節の関係

温帯に属する日本は、四季の変化がはっきりとしているのが特徴です。季節による温度や湿度の変化は、肌のたるみとも深い関わりを持っています。とくに、夏と冬は肌がたるみやすい季節で、原因と対策方法を知っておかないと、どんどん老けた印象になってしまうでしょう。

次のページでは、季節によって異なる肌のたるみの原因やより適したケア方法などを紹介しています。

男性の肌たるみの原因と対策

実は女性よりも男性の方が、肌のたるみの進行のリスクが高いのです。男性は女性よりもスキンケアを気にしないことが多いからです。また、メイクをしないので、たるみの原因となる紫外線ダメージや肌の乾燥、外的刺激などをダイレクトに受けてしまうからです。

女性よりもたるみを引き起こす原因が多いため、より適した対処法をチェックしましょう。

たるみの原因はポニーテールのせい?

手軽なヘアアレンジ法として多くの女性から人気のあるポニーテール。髪の毛を頭の高い位置でまとめるため、顔や頭皮の皮膚が後ろへ引っ張られやすく、長時間ポニーテールをしていると肌がたるんでしまいます。

また、ポニーテールにはたるみだけでなく、薄毛や肩こりなどのデメリットがあるのです。次のページでは、肌をたるませない髪の結び方やポイントなども紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

マスクの着用でほうれい線が目立つようになる?

「マスクを着けたら、ほうれい線が目立つようになった気がする…」と感じている人もいるかもしれません。たしかに、マスクは顔のほとんどを覆うため、頬や口まわりを圧迫する感覚はあります。

しかし、マスクの着用がほうれい線の直接的な原因になることはありません。とはいえ、マスクをすることで顔の筋肉を使わなくなるなど、ほうれい線の間接的な要因にはなるため、原因と対策をしっかり確認しておきましょう。

顔のたるみの種類

一言にたるみといっても、効果的な対策法はたるみの種類によって異なります。具体的なたるみの種類は、真皮老化たるみ、乾燥たるみ、痩せたるみ・太りたるみ、無表情たるみ、うつむきたるみの5種類です。

次のページでは、たるみの種類とその原因、適切なケア・対策法などを紹介していますので、「自分のたるみのタイプ」を知りたい方はチェックしてみてください。

顔立ちによるたるみの特徴

たるみの現れる場所は人によって違いますが、これには顔立ちが関係していることをご存じでしょうか。たとえば丸顔の人は脂肪が多いので、フェイスラインがたるみやすいのです…。また、逆三角形の人は、あごや頬がたるみやすいと言われています。

顔立ちによるたるみの原因を知っておけば、より適したケアや対策法も分かりますので、把握しておきましょう。

20代に多いたるみの原因と対策

「まだ若いから簡単なケアで良いか」と思っていると、20代でもほうれい線やたるみが現れてしまいます。とくに紫外線や乾燥などは、どの年代でもたるみの原因になります。

それだけでなく、長時間のスマホ使用による姿勢の悪さや急激な体重の変化なども、20代に多いたるみの原因になります。次のページでは対策法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

30代に多いたるみの原因と対策

仕事や家事、育児などで何かとストレスが溜まりやすい30代。肌のたるみも気になりだす年齢で、そのままにしておくとさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。

また、たるみの原因も20代のころとは異なるため、若いころよりも入念なケアや対策が必要です。いつまでも若々しい印象でいるためにも、30代のたるみの原因や対策法をチェックしておきましょう。

顔のたるみはコラーゲンで解消できる?

肌のたるみや、しわの改善に効果的なもの、と聞いて「コラーゲン」と答える人は多いのではないでしょうか。コラーゲン鍋やサプリメントを摂取した翌日に化粧ノリが良くなった気がする方もいることでしょう。

ここでは、コラーゲンの人体での役割や、肌にどのように作用しているか、効果的なコラーゲンの摂り方などをまとめています。今後の美肌対策のための参考にしてください。

顔のたるみに効果的なセルフケア方法は?

女性にとって天敵ともいえる肌のたるみ。原因は老化によるコラーゲンの減少が主ですが、紫外線、溜まったストレス、運動不足、喫煙、糖分過多などの生活習慣によるものもあります。

美容外科のクリニックなどで、フェイシャルの処置を行うのはもちろん効果的ですが、原因を減らす生活習慣の見直しや、自宅で毎日することで効果のあるセルフケアを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

40代に多いたるみの原因と対策

40代になりますと、目の下のたるみやほうれい線が気になる方も増えてきます。肌がたるむと老け顔に見えてしまい、鏡を見るたびに気分が下がってしまいます。

たるみを改善するには、まずその原因を知ることが大切です。紫外線、加齢、糖化など、たるみの原因を知り、できることから対策をしていきましょう。自宅ですぐにできることを紹介しますので、参考にしてみてください。

顔のたるみに効果的なツボとマッサージの方法

顔のたるみを改善するには、ツボやマッサージが効果的です。顔のたるみに良いとされる顔や耳のツボ、マッサージの方法を紹介しています。

ツボは鏡を見ながら、正しい場所を確認して押すのがコツです。またマッサージもやさしく、肌に刺激を与えないように行うのが大切です。せっかくのケアが逆効果にならないよう、注意点も紹介しています。

ストレスとたるみの関係とは?

日々の生活の上で感じるストレスは、肌のたるみにも関係があると考えられています。ストレスの原因は人それぞれですし、完全にストレスをゼロにすることは非常に難しいといえるでしょう。そのため、どうストレスに対応していくかを考えることが大切です。本記事では、どのような対策が考えられるかといった点にもついてもまとめました。

たるみと老化にはどのような関係がある?

顔のたるみと老化にはさまざまな関係があるといわれています。例えば皮膚のハリなどに大きく関係しているとされているコラーゲンやエラスチンは老化によって減少したり衰えたりする物質です。老化とたるみの仕組みを理解し、自分にできるところから対策を始めると良いでしょう。

ダイエットとたるみの関係とは

せっかくダイエットをして体重を落としたのに、顔のたるみが気になるようになった、ハリが感じられなくなったというケースがあります。これは、極端な食事制限などで急激に体重を落としたときなどに見られる状態です。せっかく痩せたのにたるみが発生して老けた印象になってしまっては嬉しさも半減してしまいます。
なぜダイエットをすると、たるみができてしまいがちなのか、またたるみに気をつけながらダイエットを行うにはどんなところに注意したら良いのかをまとめました。

たるみ改善を目指す筋トレ

顔のたるみが気になる場合には、筋トレを行うこともおすすめです。これは、顔も筋肉でできており、使わなければどんどん衰えてしまいたるみの原因のひとつとなってしまうためです。たるみの改善を目指す場合におすすめの筋トレについて紹介しています。
いずれも簡単にできる筋トレとなっていますし、気をつけたいポイントについてもまとめていますので、自分が気になる部分に応じたトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

たるみ治療に使用されるヒアルロン酸とは?

顔のたるみなどの治療には、ヒアルロン酸の注入が多く用いられています。このヒアルロン酸はもともと私たちの体内にある物質ですが、用途にあったヒアルロン酸を注入することによりたるみやしわの改善などに役立てるができます。
そもそもヒアルロン酸とはどのようなものなのか、治療の方法や治療を受ける際に注意しておきたい点はどういったことなのか、などについてまとめています。ヒアルロン酸治療を検討されている方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

たるみとエラスチンの関係とは?

お肌のたるみに関係している成分として、「エラスチン」が挙げられます。エラスチンが減少したり劣化することによって、お肌のたるみが発生すると考えられているのですが、そもそもエラスチンとはどのようなものなのでしょうか。
エラスチンが減少・劣化する原因についても解説します。たるみに悩んでいる方は、エラスチンについて正しい知識を身に付けておきましょう。

肌のたるみとケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、グリコール酸や乳酸、サリチル酸、TCA(トリクロロ酢酸)などを用いた薬剤を用いる施術です。顔全体または気になる部分に塗布することにより、塗布部分の角質を取り去ってシミや小じわ、ニキビ・ニキビ跡などの肌悩みを改善していきます。
また、正常な肌のターンオーバーに近づけることが期待できるとともに、コラーゲンやエラスチンの産生を促してハリのある肌を取り戻す、といった効果も期待できる施術です。

肌のたるみとウォーターピーリング

水と超音波の振動を利用して肌の汚れや角質、黒ずみを取り去るウォーターピーリング。薬剤などを使用することがないため肌に優しい点が特徴の施術です。クリニックやエステサロンで施術を受けられるほか、現在は自宅でウォーターピーリングを行うための機器もさまざまものが販売されています。
肌に蓄積してしまった汚れや黒ずみを取ることが大きな目的であることから、肌のたるみ改善を目指す場合には他の方法を検討する必要があるといえるでしょう。

たるみ改善が期待できる美顔ローラー

手軽に利用できる美顔ローラーは、肌のたるみやシワ、ほうれい線などさまざまな効果が期待される美容グッズです。この美顔ローラは「スティック型」「Y字型」「手動タイプ」「電動タイプ」などさまざまな種類があるので、自分の目的に合ったものを選ぶのが大切です。さらに、使用する時にはジェルやクリームを使う、上下ではなく上方向に転がすようにする、長時間の使用は避けるなど、いくつかポイントがありますので、前もってチェックしておきましょう。

顔のたるみと頭皮の関係とは?

顔のたるみには実は頭皮が関係しているといわれています。これは、頭皮と顔は1枚の皮で繋がっているためです。頭皮はさまざまな原因でたるみが起き、たるみが下がって顔のたるみに繋がってしまうというわけです。また、ストレスなどで頭皮が硬くなり、血行が悪くなったとことで顔の皮膚をリフトアップする力が弱くなってしまうこともたるみの原因と考えられています。顔のたるみを改善するためにも、頭皮のことについて知っておきましょう。

肌のたるみとむくみの関係とは?原因や対策法を解説

むくみとたるみには直接的な関係性はないと言われています。しかし、常にむくんだ状態でいると皮膚の下のコラーゲンを含有する部位に影響が及び、たるみやシワになってしまう場合もあります。たるみとむくみを予防するには、食生活に留意したり運動や顔のエクササイズを取り入れたりするのが有効です。たるみやむくみの原因と対策法について詳しく記載していますので、日常のケアに取り入れてみましょう。

【超音波美顔器】肌のたるみに効果的?種類や注意点を解説

「超音波美顔器って肌のたるみに効くの?」と疑問に思っている方もいることでしょう。超音波美顔器を用いると、超音波の振動が肌に伝わることで細胞を活性化します。振動が伝わると毛穴に詰まった汚れを落としやすくなったり、たるみ予防に役立ったりするなど、嬉しい働きが期待できるのです。ここでは超音波美顔器が肌のたるみに有効なのか詳しくまとめました。選び方や超音波以外の美顔器の種類などについても述べていきますので、チェックしてみてください。

顔のたるみとテノール

顔のたるみをケアのひとつとして、「テノール」と呼ばれる施術が用いられています。このテノールとは、皮膚の真相まで高周波による熱を加え、コラーゲンを収縮させることでたるみの改善が期待できる施術。さらに、神経が細胞を活性化させることによってコラーゲンの生成を促せるという点も特徴となっています。この記事では、テノールの特徴や施術の流れなどについて詳しく紹介していますので、たるみが気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

顔のたるみとフォトフェイシャル

光エネルギーを顔全体に照射し、軽度のたるみやしみ・ソバカスなどを改善するフォトフェイシャル。光エネルギーによって真皮のコラーゲン生成を促すことによって、たるみの改善が期待できるとされている施術です。また、メラニンを分解するという働きも持っていることから、しみやソバカスのケアとしてもおすすめとされています。こちらの記事では、このフォトフェイシャルの特徴や仕組み、施術の流れなどをまとめていますので、施術を検討されている方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

顔のたるみと支持靭帯

顔のたるみには「支持靭帯」と呼ばれる部分が大きく関わっています。この支持靭帯とは、顔の骨や筋肉と皮膚を結びつけている強力な繊維のこと。この支持靭帯が加齢などによって支えるための力が衰えてしまった場合には、皮膚のたるみが起きてしまうと考えられています。この支持靭帯の緩みは、美容クリニックなどで治療を受けることによってたるみの改善が期待できますので、気になる場合には一度相談してみると良いでしょう。

顔のたるみと病気

顔のたるみ、特に目の下のたるみが見られる場合、単に年のせいだと思ってしまうことがありますが、中には目の機能に影響を与えてしまうこともあります。例えば下まぶたが眼球の表面から離れてしまい外側を向いてしまう「眼瞼外反症」や、下まぶた全体が内側を向いてしまうことでまつ毛が眼球に触れる状態になってしまう「眼瞼内反症」が挙げられます。目の下のたるみがあり、目の痛みやかゆみ、目やにの増加など気になる症状がある場合にはクリニックで診察を受けるようにしましょう。

顔のたるみは食べ物で予防できる?

日々の食事を見直すことも、たるみ予防のひとつといえます。例えばコラーゲンが含まれたものや肌のハリを保つための栄養素が含まれるたまごなどを積極的に食事に取り入れるのもひとつの方法といえるでしょう。

また、「何を食べるか」はもちろん「どのように食べるか」という点も重要なポイント。例えば日々の忙しさに流されてしまい、ついつい早食いになっている…という方もいるかもしれません。この機会に、自分の食べ方についても一度見直してみましょう。

顔のたるみは洗顔で予防できる?

肌のたるみを予防したい場合には、肌に余計な刺激を与えないことも大切です。そこで知っておきたいのが、正しい洗顔方法。冷たい水や熱いお湯で顔を洗っている、洗顔料を泡立てないままゴシゴシとこするように洗っている、といった方は、いちど洗顔方法を見直してみるのがおすすめです。

理想的な洗顔方法は、もっちりとしたきめ細かい泡で、優しく洗ってあげること。さらに洗い流す際にはぬるま湯を使うことがポイントです。これを機会に、肌に優しい洗顔方法を身につけて見てはいかがでしょうか。

顔のたるみと骨粗しょう症の関係

顔のたるみの原因に、骨の減少があります。骨の量や質が低下していくと骨粗しょう症にもつながるため、顔の老化と骨粗しょう症には、相関関係があると言えるでしょう。骨が減少すると顔がたるむ理由は、顔の骨が減り、皮膚などが余ってしまうから。余った皮膚がたるんできます。シワが目立ってくる原因のひとつも骨の減少です。骨の減少を防ぐには、カルシウムなど、必要な栄養を意識しましょう。

顔のたるみと女性ホルモンの関係

顔のたるみには、女性ホルモンも関わっています。閉経の時期に女性ホルモンのエストロゲンが減少。コラーゲンの生成が促されなくなることで、肌の保水力やハリなどが失われ、ツヤもなくなってしまいます。また、エストロゲンが減少するのと同じ時期に骨が減少するのも女性の特徴です。骨粗しょう症のリスクが生じるとともに、顔のたるみが助長されてしまうので気をつけましょう。やはり、食事と運動が大切です。

顔のたるみと体幹トレーニング

最近、よく目や耳にするようになってきた体幹トレーニング。体幹を鍛えると姿勢が良くなったりお腹周りがスッキリするなど、さまざまなことが期待できるとされていますが、顔のたるみにも良い影響を与える可能性があると考えられています。これは、体幹トレーニングを行うことによって姿勢が良くなると、顔の筋肉が下に引っ張られることが少なくなるという点、また血流が良くなることによってたるみの原因となる老廃物も効率的に排出できるようになると考えられているためです。

顔のたるみを改善する美容整形手術とは?

顔のたるみを改善する方法として、美容整形手術を受けるという選択肢もあります。たるみ改善を目的とした手術には「たるみの切除」「糸の挿入」「注入治療」「塗布・導入」といった方法がありますので、それぞれがどのような手術となるのかを確認した上で、手術を受けるかどうかを検討する必要があります。

また、美容整形にはメリットがある反面、デメリットもあります。クリニックで行われるカウンセリングでじっくりと話を聞き、メリットとともにデメリットまで把握し、納得した上で手術を受けることが大切といえるでしょう。

鼻の皮膚もたるむってほんと?

頬や目元に比べてたるみを感じにくい鼻。しかし、年齢を重ねて、鼻に変化を感じる人も少なくありません。「鼻が丸くなってきたような…」「鼻の毛穴が目立つな…」と感じたら、鼻の皮膚のたるみが原因かもしれません。鼻の皮膚がたるむ大きな要因には、「骨の減少」があります。年齢と共にやせていく顔の骨。さらに、皮膚を支えていたコラーゲンや筋肉なども衰えることで、皮膚が余り、たるんでしまうのです。骨密度の低下は、鼻のたるみを起こします。

口角のたるみは予防できる?

口角はたるみが目立ちやすいところです。鏡はもちろん電車の窓に映った自分の顔を見て変化に気づく人も多いのではないでしょうか。口角がたるむ原因には、「コラーゲンと骨の減少」「口輪筋の衰え」があります。紫外線対策は、コラーゲンを守るのに有効です。スマホを見る姿勢もたるみにつながるので注意しましょう。口輪筋は簡単なエクササイズで衰えのスピード抑制が可能。口元の筋肉は、誤飲のリスク軽減や表情の豊かさにつながります。

たるみはEMSで予防できる?

微弱な電気刺激を顔筋に与える美顔器がEMS美顔器です。顔のたるみの原因のひとつである表情筋の衰えに対してアプローチします。表情筋は、細かくあまり使われない筋肉も少なくありません。そのようなところから衰えがはじまり、徐々に顔のたるみにつながっていきます。EMS美顔器で刺激を与えることで、エクササイズ代わりにするというのがEMSの仕組みです。使い過ぎに注意が必要ですが、上手く活用することで、スッキリとした表情に改善されるでしょう。

たるみはリフトアップクリームで予防できる?

顔のたるみの原因には、乾燥とハリ不足もあります。年齢を重ねた肌は、コラーゲンが減少しハリが失われてしまうのが特徴。しかし、コラーゲンを補うことはできません。そこで活用するといいのは、リフトアップクリームです。リフトアップクリームは、肌にハリを与えることと乾燥予防を目的としています。内側からのハリは取り戻せませんが、外から物理的にハリを与えることは可能です。リフトアップクリームの役目を理解して上手く活用してください。

肌のたるみを引き上げる「切開フェイスリフト」

加齢によって肌はたるんできます。鏡を見て落ち込む人もいるのではないでしょうか。仕方がないことではあるけれど、少しでも改善したいですよね、たるんだ肌をリフトアップさせるには「切開フェイスリフト」という治療法があります。切開フェイスリフトとは、耳の前を中心にメスで皮膚を切開し、皮下脂肪の厚さによって皮膚や筋肉をはがして、たるんだ場所を引き上げる治療法です。ここでは、切開フェイスリフトによって期待される効果やダウンタイム、メリット・デメリットについて解説しています。

切らないたるみ治療「糸リフト」

たるんだ肌をハリのある肌に導く切らない治療法「糸リフト」。糸リフトとは、カエシの付いた糸を挿入して、肌を内側から引っ張り上げる方法です。メスで皮膚を切ることに抵抗を感じている人に向いているのではないでしょうか。糸には溶ける糸と溶けない糸があり、それぞれによって持続期間も異なります。糸の素材にも種類があるようです。ここでは、切開フェイスリフトによって期待される効果やダウンタイム、メリット・デメリットについて解説しています。

a