ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » ダイエットとたるみの関係とは

ダイエットとたるみの関係とは

公開日: |更新日:

「急激にダイエットをすると皮膚がたるんでしまう」という話を聞いたことがありませんか? ダイエットに取り組み、せっかく体重を落としたのに、皮膚がたるんでしまっては喜びも半減してしまいます。この記事では、ダイエットとたるみの関係について解説します。

ダイエットとたるみの関係

なぜダイエットをした時に皮膚がたるむのでしょうか。まずはこの原因について見ていくことにしましょう。

ダイエットをすると皮膚がたるむ理由

皮膚の下には脂肪と筋肉の層があります。通常、この2つの層はお互いに圧力を掛け合っているため、減量前の皮膚には基本的に張りがある状態がキープされています。

ダイエットを行って減量した場合には、脂肪細胞が縮むことになります。しかし皮膚の表面は同じままなので、皮膚の表面の下に隙間ができます。これが「たるみ」の原因。皮膚の隙間を埋めるだけの脂肪がないことが、たるみに繋がってしまうのです。

ただし、ダイエットをした場合に皮膚がたるむかどうかは人によって異なります。ダイエットによってどれだけ体重を減らしたのかというのはもちろんですが、年齢や筋肉量、遺伝的な性質、どのようなダイエットを行ったのかなど、さまざまな要因が関わってくると考えられています。

たるんだ皮膚は自然に引き締まる?

皮膚がたるんでしまった場合に、多くの人は自然と引き締まることを期待するでしょう。しかし、それには長い時間がかかることが予想されます。人によっては一生戻らない可能性もあることから、ダイエットに取り組む場合には皮膚をたるませないような対策をしっかりと行うことが必要となってきます。

ダイエットによるたるみへの対策

ダイエットでたるみを生じさせないために考えられる対策を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。もし、食事制限のみでダイエットをしようと考えている方は、特にチェックしてみることをおすすめします。

適切なペースでの減量に取り組む

急激な減量を行うと、その文たるみが生じやすくなります。そのため、適切なペースで減量に取り組むことが大切です。例えば極端なカロリー制限を行うと、筋肉組織も減るリスクも考えられます。ダイエットをするからには短期間で体重を落としたいと考えている方は、ペース配分について考えてみることをおすすめします。

極端なカロリー制限は控え、基礎代謝の15%程度に止めながらゆっくりしたペースで続けるようにしましょう。少しずつ減量を進めるのが、皮膚の張りを保つための秘訣です。

筋トレを行う

さらに、ダイエットを行う際にはカロリー制限だけではなく筋トレも取り入れたいところです。食事制限のみでダイエットをすると代謝が低下する可能性があるので、筋トレによって代謝を上げるようにする必要があります。

簡単にできる顔の筋トレとしては、ほっぺ風船運動や舌出しエクササイズなどがおすすめ。毎日のスキンケアの際に取り入れてみると続けやすいでしょう。また、初めからたくさんの筋トレを取り入れると面倒になって続けにくいので、なるべく簡単な筋トレから始めるのがポイントです。

たんぱく質の摂取を忘れない

体重を減らしたいと考える場合、肉や魚などのタンパク質も控えてしまいがちです。しかし、タンパク質を摂らないと筋肉も落ちてしまい、たるみを引き起こす原因になりかねません。そのため、食事の内容にも気を使い、筋肉を減らさないような食事を心がけるようにしましょう。

a