ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳若見えを目指せるたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 即効性が期待される頬のたるみ対策とは

即効性が期待される頬のたるみ対策とは

公開日: |更新日:

頬がたるむ原因は、加齢や肌の乾燥、肌のむくみ、表情筋の衰えです。ピンとハリのある、若々しい肌肌を目指しましょう!この記事では、即効性が期待される頬のたるみ対策法をご紹介します。自宅でできるケア法もありますので、頬のたるみが気になっている方は参考にしてください。

即効性のある顔のたるみ対策とは

即効性のある顔のたるみ対策には、顔のマッサージやメイクでカバーする、エクササイズを行う、リフトアップ効果が期待される化粧品や美顔器を使用する、美容クリニックを活用するといった方法があります。それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

自分でケアをするのが面倒な人や毎日続ける自信がない人、美顔器や化粧品、メイクでカバーすることに物足りなさを感じている人は、クリニックを利用してみてはどうでしょう。自分に合った方法を見つけてください。

顔のたるみを改善するには

顔のたるみの原因には、表情筋の衰えがあります。頬を支えているのは表情筋ですが、食事のときに噛む回数が少ない場合や、無表情でいる事が多い場合、表情筋はどんどん衰えていきます。スマホを見るときに下を向いてばかりいませんか?下を向いてばかりいると首の筋肉が低下してしまいます。スマホやパソコンを見る時間が長い人も要注意です。前傾姿勢を続けていると、頬のたるみが起きやすくなります。

顔のたるみを改善するには、首の筋肉や口の周りを鍛えるのがこう7日的です。口角を上げて頬を引き上げるのも良い方法です。意識することで、たるみを予防することができます。

紫外線(UVA)は真皮層にまで届くため、肌のハリや弾力を保つために必要なコラーゲンやエラスチンに影響を及ぼします。外出するときは日焼け止めクリームや日傘・帽子で紫外線対策をしましょう。

即効性が期待できる顔のたるみ対策

耳やデコルテをマッサージする

耳のマッサージ

耳の上部を持って軽く上に引きながら、左右5回ずつ円を描くようにゆっくり回しましょう。耳の周りにはリンパがあるので、刺激すると流れが良くなってたるみを予防することができます。

デコルテのマッサージ

鎖骨の上にくぼみがあるので、そこを人差し指と中指で押してください。鎖骨に沿って左右5回ずつマッサージします。鎖骨周辺は老廃物が溜まりやすい場所です。デコルテをマッサージしてリンパの流れが良くなれば、老廃物が排出されやすくなります。

メイクでカバーをする

メイクをする前に、まずは保湿です。肌が乾燥していると、シワやほうれい線が目立ってしまうため、たるみをカバーすることができません。保湿力の高い化粧水や乳液で肌に潤いを与えましょう。

ベースメイクは薄めに伸ばし、ファンデーションは頬の高い位置にしっかり塗ってください。頬が立体的になりたるみをカバーすることができます。厚塗りはほうれい線やシワにファンデーションが溜まるため、たるみが目立ちやすくなります。

舌回しや割りばしエクササイズをおこなう

舌回しエクササイズの方法は、口を閉じた状態で舌の先で歯茎の外側をなぞるようにぐるりと1周させます。右回り、左回りと5回ずつ程度行ってください。舌を動かすと口周りの筋肉が刺激されて、たるみ解消に繋がります。

割りばしエクササイズは、割り箸を上下の歯でくわえ、20秒キープします。ポイントは、口角が割り箸につかないようにしっかり引き上げることです。口の周りと頬の筋肉を刺激すると、たるみ解消されるでしょう。

リフトアップ効果が期待される化粧品の使用

肌のハリや弾力が期待される美容成分は、コラーゲンやビタミンC誘導体、レチノール、ナイアシンアミドです。これらの成分が配合された化粧品を使いましょう。加齢とともに肌は乾燥します。肌の乾燥を防ぐセラミドやヒアルロン酸、ペプチドが含まれている化粧品もおすすめです。

美顔器を使用する

美顔器にはさまざまな種類がありますが、顔のたるみに効果が期待されるのは「RF」と「EMS」の2種類です。

RFはラジオ波です。皮膚の奥深くに刺激を与え、肌の新陳代謝を促し、細胞が活性化させるため、ハリが生まれふっくらとした肌に導きます。EMSは、ごく弱い電流が筋肉を刺激して表情筋の衰えを改善へと導きます。ハンディタイプやマスクなどさまざまな種類があるので、自分の肌に合ったものを選んでください。

治療法に悩んでいる人はクリニックに相談を

クリニックで行っている頬のたるみの施術はスレッドリフトとショートスレッドです。スレッドリフトは、医療用の糸を使って頬のたるみをリフトアップさせる施術で、ショートスレッドは髪の毛よりも細く短い糸を皮下組織浅層に挿入してたるみを引き上げます。他にも、ハイフやヒアルロン酸注入といった方法もあります。。自分でたるみケアをしても思っていたような効果が期待できず、治療法に悩んでいる人はクリニックに相談してみましょう。

関連ページ