ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » ストレスとたるみの関係とは?

ストレスとたるみの関係とは?

公開日: |更新日:

日々、ストレスにさらされていると感じている方も多いことでしょう。ストレスは肌のたるみにも悪影響を与えるといわれています。この記事では、たるみとストレスにはどのような関係があるのか、ストレスへの対策方法はどのようなものが考えられるのかについて紹介します。

肌のたるみとストレスの関係

仕事や家庭の問題、人間関係など、ストレスを感じる原因はさまざまです。ただでさえ辛いストレスですが、それが肌のたるみにも繋がるのであれば、さらにストレスを生んでしまいそうです。たるみとストレスにはどのような関係があるのかを見ていきましょう。

ストレスは自律神経に影響を与える

ストレスは自律神経に影響を与えるといわれています。自律神経を調整する役割を持っている視床下部は、ホルモンや免疫をコントロールする働きもあるため、強いストレスを感じると、身体にさまざまな不調が出てくると考えられます。

ホルモンバランスの乱れにつながる

ストレスにより自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまうと肌荒れにつながるといわれています。ストレスを感じた時、私たちの体はそのストレスから身を守るためにホルモンを放出しますが、その中のひとつに男性ホルモンがあります。男性ホルモンが多くなると、皮脂の分泌が盛んになったり、角質が厚くなったりといた影響が出るため、毛穴のつまりや吹き出ものが出てくる可能性があるといわれています。

このような理由から、ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れることで肌荒れにつながると考えられているのです。

コラーゲンの生成にも悪影響

ストレスを受けると、肌の潤いをキープする働きを持つコラーゲンの生成が抑制されるといわれています。コラーゲンが不足すると、肌のはりや弾力も失われてしまうことから、たるみにつながると考えられているのです。

そのため、ストレスが溜まって疲れ顔になっている方は要注意かもしれません。

ストレスによるたるみへの対策

ストレスを受けると、肌にさまざまな悪影響が出てきます。受けるストレスをゼロにするのは難しいものですが、どのような対策が考えられるのかを考えてみましょう。

ストレス発散のための方法を見つける

まずは、受けてしまったストレスを発散させることが必要となってきます。どのような方法でストレスを解消するかは人それぞれですが、ストレスを感じているなと思った時に、すぐ取り組めるようなものを見つけておくと良いでしょう。例えば、友達と思いっきりおしゃべりをする、自分が好きな音楽を聴く、ゆっくりとお風呂に入る、マッサージを受けるなど、自分が好きなことに時間を使うのがおすすめです。

良質な睡眠を取る

自分が良い睡眠を取れているのか確認してみましょう。もし、あまりよく寝られない、寝ても疲れが取れないといった場合には、睡眠環境や生活習慣を見直してみたほうが良いかもしれません。

明るい環境で寝ていないか、また寝る直前までパソコンやスマートフォンを触っていないかなど、まずは簡単に取り組めるとことから改善していくのが良いでしょう。

バランスの良い食生活を心がける

食生活を見直すことが必要なケースも考えられます。3食バランスよく食事ができているのかを考えてみてください。

ただし、あまりにもルールを守って食事をしようとすると、それがストレスに感じてしまう場合もあるかもしれません。もし食生活の改善が必要だと感じたら、自分ができるところから変えていけるように少しずつ取り組んでいくことをおすすめします。

a