ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 20代に多いたるみの原因と対策

20代に多いたるみの原因と対策

「まだ20代だから肌のケアはしなくても大丈夫!」と思っている方は要注意。若くても正しいスキンケアを行っていないと、知らない間にほうれい線やたるみが目立ってしまいます。こちらでは、肌がたるんでしまう方の特徴や原因、効果的な対策法などを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

20代で肌がたるんでしまう人の特徴って?

肌がたるみやすい方の特徴として、頬骨が高く顔の肉付きがいいことがあげられます。顔の脂肪が多い方は、頬の皮膚が垂れ下がったブルドッグ顔になりやすく、ほうれい線が濃くなる傾向があるようです。

また、下を向くことが多い方やよく頬杖をついてしまう方、乾燥肌の方や日焼け止めを塗らずに外出をされる方なども肌がたるみやすい傾向にあるため、注意してください。

20代に多いたるみの原因

紫外線

紫外線によって生まれる「活性酸素」は、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞へダメージを与えます。これにより、ハリや弾力をもたらすコラーゲンやエラスチンの生成が阻害され、肌の老化スピードが早まってしまうのです。

紫外線は夏のシーズンだけではなく1年中降り注いでいるもので、屋外のみならず室内にも入り込んできます。そのため、常に紫外線対策を行っておくことをおすすめします。

乾燥

肌の潤いが失われて乾燥が進んでしまうと、肌のバリア機能が著しく低下してしまいます。外的刺激に対して敏感になってしまうので、肌のハリが失われるだけではなくニキビや黒ずみ、シミといった肌トラブルも発生しやすくなるでしょう。

またハリを失った肌は、重力によって下がりやすくなってしまいます。肌の状態をよく確認して、毛穴が涙滴型(るいてきがた)に広がっている場合は、「たるみ」のサインです。

筋肉のおとろえ

表情筋が衰えると肌のハリを維持できなくなり、肌がたるんでしまいます。20代の方でも、普段あまり喋らない方や柔らかい食べ物を好む方は、頬の筋肉が衰えているかもしれません。また、口呼吸が慢性化してしまっている方は、舌の筋肉が衰えやすく口角が下がったりフェイスラインにたるみが発生しやすかったりするので意識的に改善すると良いでしょう。

急激な体重の変化

過度なダイエットで体重を落とすことも、肌のたるみにつながる原因のひとつです。また、急激な体重の増加もたるみにつながります。皮下脂肪が増えると、表情筋が皮下脂肪を支えられず垂れ下がってしまうのです。

肌のたるみの原因になることも考慮して、ダイエットする際は無理に行わず、徐々に体重を減らしていくほうが良いでしょう。また、表情筋を鍛えながらのダイエットも効果的です。

姿勢の悪さや癖

スマホやパソコンの操作をしていると、どうしてもうつむき加減で猫背の姿勢になってしまいます。前かがみの姿勢を長時間キープしていると、首が前に出て皮膚が下方向に引張られやすいのです。うつむいた状態は筋肉も脱力するため、肌を支える筋肉も衰えやすくなります。そのため、長時間にわたってスマホやパソコンを使わず、適度に休憩をはさむようにしましょう。

20代のうちから始めておくべきたるみ対策

乾燥・紫外線対策

20代で肌のたるみやほうれい線が気になる方は、乾燥や紫外線が原因になっていることが多いようです。実際に肌の老化の原因の多くは、乾燥や紫外線といわれています。

肌の乾燥対策としては、毎朝晩のスキンケアが欠かせません。保湿力の高いクリームで肌をしっかりと保護しましょう。また、紫外線対策として、外出時だけでなく室内にいる時も日焼け止めクリームを塗るのが最適です。

顔のマッサージのしすぎには要注意

顔のマッサージには、たるみの改善だけではなく、表情筋の緊張を和らげるといった効果があります。

ただし、強すぎるマッサージは肌にハリと弾力を与えるコラーゲンを破壊し、たるみを引き起こす原因になるため厳禁です。肌への強い摩擦は、肌荒れの原因にもなるので、ハンドマッサージやローラー式美顔器を使用する際は注意しましょう。

スマホの長時間使用もNG

スマホを使用する際は、どうしても首が前に出てうつむき加減になってしまいます。悪い姿勢を長時間続けると肌に重力がかかり、頬がたるんだり口角が下がったりしてしまい、メリットがありません。

また、猫背の状態は内臓が圧迫され、リンパや血液の流れが悪くなります。血行不良はむくみや肌のくすみを引き起こす原因となり得るので、常に正しい姿勢を意識するようにしましょう。

お菓子・スイーツも食べ過ぎないように!

スイーツの食べ過ぎは、たるみの原因である「糖化」を引き起こします。糖化とは、体内の余分な糖分がコラーゲンと結びつき、肌の老化を促進する現象です。コラーゲンは肌のハリや弾力を促進するのに欠かせないため、減少することでたるみやシワなどが増えてしまいます。このような状態を防ぐためにも、お菓子やスイーツは食べ過ぎないようにしましょう。

a