ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみと女性ホルモンの関係

顔のたるみと女性ホルモンの関係

公開日: |更新日:

女性ホルモンの減少が肌老化の原因

女性の肌に大きな影響を与えるものに、「女性ホルモン」があります。女性ホルモンのことを考えるとき、避けて通れないのは更年期です。閉経前後の10年、一般的に45歳から55歳くらいの時期が更年期と考えられます。

40歳を過ぎ更年期が近づくにつれ、ホルモンバランスは少しずつ変化し、様々な不調の原因になります。ホルモンバランスの変化を強く意識する時期は、40歳から60歳くらい。長い期間影響を受けるため、その性質をよく理解しておきましょう。

特にお肌に大きな影響を与えるのは、「エストロゲン」です。俗に美肌ホルモンとも言われる女性ホルモンの一種で、エストロゲンが減少すると肌老化が進んでいきます。

エストロゲンとは

エストロゲンは、肌のハリに関わるコラーゲンの生成を促進するホルモンで、肌ツヤにも影響します。エストロゲンは外から補うことができず、加齢によって減少する一方です。エストロゲンが減少すると肌の保水力が弱く、乾燥しやすくなり、小じわの原因になります。また、コラーゲンが生成されなくなると、頬や毛穴のたるみが増えてきます。肌の弾力やハリが弱まり、新しい肌を生み出す力も衰えるため、肌がくすみがちになるかもしれません。

エストロゲンの減少を食い止めるには

エストロゲンを増やすことは難しいですが、できるだけ急激な減少を食い止め、変化を緩やかにすることは可能です。

体を作るのは食事です。まずはバランスが取れた食事を意識しましょう。偏った食事では、女性ホルモンも活発に働けません。バランスよく栄養素を摂取することが大切です。発酵食品や食物繊維を多く含む食品を意識して摂ることで、腸内環境を整えられます。

睡眠も女性ホルモンにとって大切なポイントです。睡眠の質が低下すると自律神経が乱れ、女性ホルモンにも影響してしまいます。睡眠時間を十分確保することはもちろん、睡眠の質も意識してください。寝るときに胃に食べ物が残っていると、せっかく寝ても内蔵が活発に動いてしまうため、十分な睡眠が取れません。寝る前の食事は控えるようにしましょう。また、寝る前にスマホやパソコンの使用をしていると、スムーズな入眠が妨げられてしまいます。寝る前2時間はスマホやパソコンの使用をやめてみてください。そのほか、入浴は睡眠の質を上げてくれます。

睡眠の質を上げるには、運動も大切です。適度な運動をすると血行や代謝が良くなるので、ホルモンバランスにも良い影響があります。ハードな運動でなくても問題ありません。リラックスすることも自律神経にとって大切なので、ヨガやストレッチもおすすめです。

更年期を迎えたら骨にも注意を

更年期には、女性ホルモンの他に骨も意識しなければいけません。加齢とともに骨密度が低下しやすくなり、美容にも影響します。例えば、「なんとなく老けた」と感じるのは、顔の骨が痩せてしまったことで、肌がたるんだり、目が落ち込んだりしていることに原因があるかもしれません。

実は、骨密度も女性ホルモンの影響を受けています。エストロゲンが減少する閉経の時期に、女性の骨密度は激減。エストロゲンの減少と骨の減少のダブルパンチで、顔のたるみが加速してしまうのです。

骨密度の低下を予防する方法も、食事や適度な運動など、エストロゲンの減少対策と同じです。生活習慣を見直して、バランスの良い生活を整えましょう。

まとめ

閉経に伴って、女性の体は大きく変化します。急激な老化を予防するためには、女性ホルモンの減少をできるだけゆるやかにして、骨を守ることが大切です。そのためには、バランスの良い食事と適度な運動を意識してみてください。

a