ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い » ウルセラとテノールの違い

ウルセラとテノールの違い

テノール(サーモリバース)の特徴

テノールとはコラーゲン増加やリンパの流れ改善、血行促進に効果的な美容治療のこと。肌の深部に特殊な周波を送って熱を生じさせることで、コラーゲンの新生を促す効果があります。

痛みがなく効果が表れるのも緩やかなため、美肌にこだわりを持つ方に好まれている美容施術です。

テノールの効果とメカニズム

テノールに搭載されている高周波は、急激な水分の振動により皮下脂肪を加熱することで、3段階のタイトニングやエイジングケアをもたらします。パルス幅を調節できるため、肌表面から皮脂組織へエネルギーを分散し、確実にパワーを届けることが可能。また、従来機器よりも痛みが少ないことが特徴です。

熱エネルギーによるリフトアップ

テノールは、皮膚の真皮層から脂肪層まで高周波を届けられる治療機器です。真皮の線維芽細胞にまんべんなく熱変性を発生させ、肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンを収縮させます。

お肉を焼いたとき、焼く前と比べてきゅっと縮んで小さくなってしまうのと同じ…といえばイメージしやすいかもしれません。このように、たるみが気になる箇所に熱エネルギーを照射することで、引き締め効果やリフトアップ効果を生み出しているのです。

コラーゲンの再構築

ハリと弾力のある若々しい肌を保つためには、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する役割を持つ線維芽細胞へのアプローチが重要です。線維芽細胞が活発化していれば、コラーゲンやヒアルロン酸の代謝がスムーズになり、肌のハリや弾力を保てます。一方で、老化や紫外線ダメージなどで線維芽細胞が衰えると、代謝が鈍って肌にシワやたるみが生じてしまうのです。

テノールの高周波は、皮膚の内部へゆっくりと熱を与えることで、活動を停止していた線維芽細胞を活性化。これにより約1~2か月でコラーゲンの再構築が行われ、肌にハリと弾力が戻ってきます。

代謝の促進・デトックス効果

テノールは従来の高周波治療器と比べて、リンパ流や血行の改善を生じさせる効果が高いのが魅力です。

ゆっくりと深部に熱エネルギーを加えることにより、年齢とともに衰えた血液の流れやリンパの流れを改善し、新陳代謝を促進・正常化していきます。血管・リンパ・新陳代謝が若いころの動きに戻ることで回復力が高まるため、体質改善や肌質改善に繋がるのです。

また新陳代謝が向上すれば、老廃物の排出や酸素の供給の促進に繋がります。高いデトックス効果が期待できるため、ダイエット効果や小顔効果を希望する人にもテノールが向いているでしょう。

ウルセラとテノールの違い

ウルセラとの違いは、たるみへの効果は大きく期待できない点です。

テノールはコラーゲンの生成を促すため、コラーゲンが少なくなってたるんでしまった皮膚をふっくらとハリのある肌へ促してくれます。皮膚のコラーゲン不足だけが原因でたるんでいる場合は、たるみ改善効果を強く感じるかもしれませんが、たるみはいろんな要因で起こるもの。多くの原因として考えられているのが、筋力の低下や脂肪のたるみです。そのため、テノールでふっくらとした肌に改善出来たとしても、皮膚が乗っている脂肪や筋肉そのものがたるんでいては、大きな効果は感じにくいかもしれません。

ウルセラはSMAS層と呼ばれる顔の筋膜へ熱を与えて、たるみを強力に引き上げます。筋膜をギュッと引き締めるため、その上に乗っている脂肪や皮膚も一緒に引き上げることができるのです。そのため、ウルセラはたるみ治療に大きな効果が期待できると認識されています。

テノールの施術の流れ

テノールなどの施術を行う前に、まずは医師によるカウンセリングを受けます。肌の状態やたるみが気になる箇所について詳しくヒアリングしたうえで、テノールの治療方法などの説明を確認。気になることがあれば、このタイミングで医師に相談しておきましょう。カウンセリングの内容に問題がなければ、準備に入ります。

まずは、クレンジングと洗顔でメイクや汚れを落とし、施術室にて滑りを良くするオイルを塗布して、施術スタートです。テノールは、2種類のハンドピースを使用してラジオ波を照射します。照射のパワーや時間を医師が設定し、看護師が照射するのが一般的です。なお、痛みが少ないため、麻酔を行わずに照射するクリニックも多いようです。

照射が終わり次第トリートメントオイルを拭き取ります。施術したあとからメイクができるので、パウダールームなどで化粧直しをして帰ることができます。

術後の経過・ダウンタイム

ダウンタイムはありません。施術を受けた直後は、お風呂あがりのように顔が火照って赤くなりますが、いつものようにお化粧をしても大丈夫です。

術後1~2カ月でコラーゲンが再構築され、徐々に肌にハリが出てきたように感じるでしょう。

テノールの料金相場

照射を行う範囲にもよりますが、テノールの施術は1回あたり15,000円~60,000円程度で受けられます。ウルセラと比べると安価なので、たるみの悩みが本格的ではなく、少し気になってきたという方には丁度良いかもしれません。

ちょっと気になる程度ならテノール、本格的なたるみ改善ならウルセラ

料金的にも効果的にも、テノールは以前よりちょっとたるんできた気がする…。といった時に、使用すると良いでしょう。強力な引き上げ力はなくても、コラーゲンを復活させて肌質やハリが変わる期待を持てます。

あきらかに脂肪ごとたるんでしまっているのをどうにかしたい!という時は、最初からウルセラに頼った方が他の効果が薄い治療を少しずつ試すよりも、効率的かもしれません。

悩みのぶんだけ美容施術の数があるので、自分の悩みの段階に合わせて施術法を選ぶと良いでしょう。

テノールにかんするよくある疑問

テノールとサーモリバースのちがいは?

テノールはマシンの名称、サーモリバースは治療法の名前を指します。そのため、たるみ治療では「テノールを使用したサーモリバース治療」となりますが、現在では混在して使用されています。テノールやサーモリバースとだけ表記されることもありますが、違いはなく、どちらも同じ治療だと考えてよいでしょう。

効果の持続期間・治療のペースはどれくらい?

顔への治療の場合は個人差があるものの、治療後から翌日にかけて徐々に効果が現れます。ただし、これは一時的なもので、効果を維持するためには2~4週間の間に3回程度照射を行わなければなりません。これにより3~4ヶ月程度効果を維持できるでしょう。

ボディの場合は、効果が発現するまでに数週間はかかります。脂肪の付き方によって施術の回数は異なりますが、一般的には5回ほどの施術が必要です。

治療は痛い?ダウンタイムはある?

テノールは痛みをほとんど感じない治療のため、麻酔の必要がありません。ただし、照射時に多少の熱を感じる場合があります。また肌にダメージを与えるような治療とは異なり、腫れや痕が残るようなダウンタイムもほとんどありません。施術部位の血行が促進されるため赤みが出ることがありますが、ほとんどの場合は施術から数時間で徐々に治まります。

関連するページ

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)

a