ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみとフォトフェイシャル

顔のたるみとフォトフェイシャル

公開日: |更新日:

フォトフェイシャルの顔のたるみに対する効果

フォトフェイシャルの施術を行った場合には、たるみの改善効果などが期待されています。

軽度のたるみに対しては改善効果が期待

目の下にある軽度のたるみや鼻の両脇の軽いたるみ、毛穴が伸びてしまったようなたるみなど、軽度のたるみの改善効果があるといわれています。ただし、1回の施術だけでは大きな変化を感じられない場合もあるため3〜4回の施術を受けることが勧められています。

このように、ほうれい線を伴うような大きなたるみなどについては、大きな変化が期待できないこともありますので、場合によっては別の施術を検討する必要があるでしょう。

たるみのほか、しみやソバカス、ニキビにも

フォトフェイシャルはたるみの改善ができるだけではなく、しみやソバカス、ニキビなどの改善も期待できるとされている施術です。フォトフェイシャルでは気になる部分に対して光エネルギーを照射しますが、この時しみ・ソバカスの原因となっているメラニン色素を分解していくという仕組みになっています。

さらに、フォトフェイシャルに高濃度のビタミンCの導入をセットにしたプランを用意しているクリニックもありますので、しみやソバカスなどが気になっている方は、どのようなプランで施術を受けられるのかを確認しておくことがおすすめです。

フォトフェイシャルとは?

「フォトフェイシャル」とは、光エネルギーを用いた美肌治療です。この施術では、光エネルギーを顔全体に照射を行うことによって、軽度のたるみやしみ、ソバカス、くすみ、赤みといった肌悩みを改善するとされています。

ここでは、フォトフェイシャルの仕組みや施術の流れを見ていきましょう。

フォトフェイシャルの仕組み

前述の通り、フォトフェイシャルでは顔全体に光エネルギーを照射します。この光を照射することによって真皮のコラーゲンの生成を促せるとされており、肌のたるみを改善できると考えられています。コラーゲンが生成されれば肌の保水力もアップしますので、弾力とハリの感じられる肌を目指すことができるというわけです。

また、フォトフェイシャルの光エネルギーにはメラニンを分解する、という働きもありますので、将来的にしみや小じわが増えてしまうのを防ぐ効果も期待できます。

フォトフェイシャルの施術手順

フォトフェイシャルは、下記のような手順で施術が行われます。

  1. カウンセリング
  2. クレンジングをして肌の汚れやメイクを落とす
  3. 照射する部位にジェルを塗る
  4. 1ショットずつ丁寧に照射する
  5. クーリングにより火照りを抑える
  6. 仕上げなどを行い施術が完了

クリニックによっては、フォトフェイシャルの照射後にイオン導入などを行う場合もありますので、自分が施術を受けるところではどのような流れになるのかをカウンセリングの際などにあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

また、施術後の洗顔やメイクは当日から可能なので、施術を受けた後にメイクをして帰宅することも可能です。

フォトフェイシャルはこんな方におすすめ

この記事では、フォトフェイシャルの施術について紹介してきましたが、下記のような方におすすめの施術といえます。

  • たるみや小じわのケアをしたいと考えている方
  • しみやソバカス、ニキビが気になっている方
  • ダウンタイムが少ない美肌治療を受けたいと考えている方
  • 毛穴の開きを改善したい方

施術を検討されている場合には、まずクリニックに足を運び、カウンセリングを受けてください。自分の肌悩みにはフォトフェイシャルが適しているのかどうかをしっかりと話した上で、施術を実際に受けるのかどうかを検討することが大切です。施術に対して疑問や不安がある場合には、あらかじめ医師に確認をしておきましょう。

a