ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い » ウルセラとボリューマxcの違い

ウルセラとボリューマxcの違い

ボリューマxcの特徴

ボリューマ XCは、アラガン・ジャパン社が製造販売しているヒアルロン酸注射の1種です。アラガン・ジャパン社にて発売されているヒアルロン酸は、ジュビダームビスタ®シリーズになりますが、その中でも比較的硬めのヒアルロン酸に分類されます。

しわ・たるみの改善や顔のくぼみの改善に使用されており、「自然な変化で、理想的な顔に近付きたい」という人にもおすすめです。ボリューマ XCのXCは「Extra Comfort(更なる快適)」の略で、痛みを軽減しつつ注入できるよう、麻酔液が含まれています。

治療効果は約1年間持続する

ボリューマ XCは、持続期間が長くなるように製造されており、なんと治療効果は約1年も続くのです。一般的にヒアルロン酸の持続期間をコントロールするには、ヒアルロン酸の分子と分子を繋げる「架橋」という技術を使います。ボリューマ XCの場合は、高分子ヒアルロン酸と低分子ヒアルロン酸を高濃度に含む3Dマトリックス構造を採用しており、より長い期間効果を実感できるようになっているのです。

製造販売元のメーカーテストによると、2年後でも約70%の効果が続いており、従来のヒアルロン酸よりも施術頻度を少なくできます。

注入直後の状態が続く

弾力性と凝集性を兼ね備えたボリューマ XCは、思い描くラインの成形を実現してくれます。弾力性を強くすることで、外側からの力に対しても平たんになりにくい性質を持っているでしょう。

さらにその場にとどまる力である凝集性も強いため、注入直後の状態を長い期間保てるように作られています。ボリュームアップに最適なリフト力を維持してくれるでしょう。

ボリューマxcの効果とダウンタイム

ウルセラにも強力なリフトアップ作用がありますが、何回が施術を受けないと効果を実感できません。それに対してボリューマxcは、1回の施術で高いリフトアップ効果を実感できるでしょう。ただボリューマxcは注入可能箇所が限られているため、全体的にケアしたい人はウルセラを利用するのがおすすめです。自分の希望に対して最適な施術を検討するのが重要になります。

ダウンタイムはほとんど無し

ボリューマ XCは細い針で肌にヒアルロン酸を注入するだけなので、術後のダウンタイムはほとんど無く、施術当日から通常の生活を送れます。

ウルセラと同様に、術後のダウンタイムを気にしないで受けられる治療です。

ボリューマxcの料金相場

ボリューマxcの施術料金はクリニックによって異なりますが、1本あたり6万円から8万円がおおよその相場になります。ウルセラの相場である30万円から40万円と比較すると、かなり安い価格で施術を受けられるでしょう。

もちろん施術箇所が多ければこれ以上の料金がかかりますが、ボリューマxcは1回の施術で効果を実感できるため、何度もクリニックに通う必要がありません。しかも効果は1年以上持続することがほとんどです。

関連するページ

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)