ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い » ウルセラとウルトラセルの違い

ウルセラとウルトラセルの違い

ウルトラセルの特徴

ウルトラセルのイメージ画像

ウルトラセルとは韓国メーカーが開発した、ウルセラとサーマクールが持つ機能を同時に搭載したマシンのことです。高周波のイントラセル(SRR)やイントラジェン(GFR)、高密度焦点式超音波(HIFU)という3つの照射機能を搭載。3つの機能を組み合わせることで、たるみの気になる肌を引き上げる効果があるといわれています。

ここではウルトラセルがもたらす効果や施術費用、治療を受けるメリットやデメリットなどをまとめました。

一目でわかるウルセラとウルトラセルの違いとは

ウルセラウルトラセル
照射範囲・深さ 超音波で表皮の奥にある真皮まで照射広く浅い照射のラジオ波、深く狭い照射のHIFUを搭載
安全性・効果 表面的な火傷の心配はない
真皮や顔の筋肉に働きかけ、効果が高い
火傷の心配はない
照射光によって効果が異なる
痛み 熱さを感じることはないラジオ波は少し熱さを感じる
1回の価格 1回237,600円(税込)160,000~200,000円(税込)
効果が出る目安 1ヶ月程度1ヶ月程度※照射光によって異なる
ウルセラ
照射範囲・深さ 超音波で表皮の奥にある真皮まで照射
安全性・効果 表面的な火傷の心配はない
真皮や顔の筋肉に働きかけ
効果が高い
痛み 熱さを感じることはない
1回の価格 1回237,600円(税込)
効果が出る目安 1ヶ月程度
ウルトラセル
照射範囲・深さ 広く浅い照射のラジオ波、
深く狭い照射のHIFUを搭載
安全性・効果 火傷の心配はない
照射光によって効果が異なる
痛み ラジオ波は少し熱さを感じる
1回の価格 160,000~200,000円(税込)
効果が出る目安 1ヶ月程度
※照射光によって異なる

ウルトラセルの料金相場

ウルトラセルの施術費用は顔全体で16~20万円前後、顔+首の施術も行って20~30万円前後が相場となっています。

一方ウルセラは顔全体で22~44万とやや高め。顔+首の施術だと55万円以上かかるところもあります。ウルトラセルは比較的安く、続けやすいのが特徴です。そのため、即効性というよりも続けやすさを重視している人に向いているといえます。

ウルトラセルの効果やダウンタイムは?

イントラセル(SRR)

イントラセル(SRR)は針を使うものと使わないものとで分けられます。極細針で肌に穴を開けて熱と自然治癒力を利用して肌を引き締めるイントラセルと、針を使わず表皮に熱を与えてコラーゲン生成を促すイントラセルSRRタイプがあります。どちらも肌へのダメージが少なく、短期間で肌のハリをもたらします。

照射可能部位は目元や口元を中心になり、主に肌のハリやシワ・毛穴の開きを改善します。デリケートで施術が難しかった目元のキワ・口元ギリギリへの治療も可能となっているので、目元の小じわへの高い効果が実感でき、ハリのあるスッキリとした目元がよみがえります。

イントラジェン(GFR)

イントラジェン(GFR)とは、体温の上昇によって代謝促進作用を持つ「ラジオ波」を格子状にしたもののことです。照射の形状を格子状にすることで、表皮への熱ダメージを抑えつつ肌全体にラジオ波を浸透させることが可能に。施術から約3~6か月ほどで肌が引き締まり、潤いとハリが出てきます。

照射可能部位は顔全体(上まぶた・鼻・唇は除きます)、あごの裏、首元などです。
顔全体の輪郭を引き締めることによるリフトアップ効果でシャープな輪郭に、二重顎の気になる方はあごの裏や首への施術ですっきりとしたあごから首元のラインを実感できます。

高密度焦点式超音波(HIFU)

HIFUは高密度の超音波によって肌の奥にある筋膜層に働きかけるため、肌の内側から一気に引き上げ効果を狙えます。肌の筋膜層に熱刺激を与えることでコラーゲンの生成作用を促進。肌のハリ・ツヤをもたらすだけでなく代謝機能もアップさせます。HIFU照射後は、コラーゲンの生成作用が2~6か月と長く続くのが特徴です。

照射可能部位は頬・額・こめかみ・あご裏です。加齢によって刻まれた深いシワの悩みの多い箇所に効果が高い治療です。
額・こめかみ・頬・首は広範囲にわたって表情筋を覆う筋膜が存在していて、この部位に照射することで、しわやたるみのない若々しい肌を切ることなく手に入れることが出来るのです。

施術後にメイクができる

ウルトラセルはウルセラと同じように、ダウンタイムがほとんどないのが特徴です。腫れや赤みはほとんど出ないので、施術後でもすぐにメイクをして帰宅できます。肌の奥に熱をもった感じや、軽いむくみが出ることもありますが、数日で気にならなくなります。

ウルトラセルを受けるメリット・デメリット

メリット:パーツごとのたるみに適したマシンを使い分けられる

ウルトラセルの魅力は複数の機能を搭載している点です。顔全体から首の広い範囲、瞼や目じりなどの部分までマシンを使い分けて照射できます。全体的にリフトアップしたい方から局所的なたるみを改善したい方まで、様々なニーズに対応可能なのが魅力です。

デメリット:FDAからのリフトアップ認可は認められていない

ウルトラセルはウルセラと同じように、SMAS層(筋膜層)へ作用するよう3.0㎜と4.5㎜のカートリッジが用意されています。ただし、ウルセラと異なりSMAS層の深さをはかる超音波モニターが設置されていないため、熱がSMAS層へ届くかどうかは保証されていないのが現状です。

ウルトラセルは韓国メーカーが開発したウルセラ後発機で、アメリカ最大の行政機関であるFDAの認可は受けていません。正規のウルセラはFDAから唯一リフトアップ効果を認められたマシンですが、ウルトラセルにはそのような効果が認められていないため、施術を受けるには不安が残ります。

デメリット:施術者の技術によって効果に差が出る

痛みや効果の出方はウルセラと同様、施術者の技術によって違いがあります。モニターを見ながら慎重に照射できるウルセラに対して、ウルトラセルはモニターなしで照射。医師の経験によって効果に大きな違いが生じる可能性があります。

また施術経験の浅い医師が施術行なった場合、施術後に火傷や筋肉の引きつりなどといったトラブルが起きるリスクも。ウルトラセルを検討するなら、施術実績や担当医師の情報などを確認して選ぶようにしましょう。

ウルトラセルの機器は2種類

ウルトラセル

ウルトラセルは熱エネルギーを伝えることで、引き締め・コラーゲン生成を促し、切らずに行うシワやたるみ改善の美容医療です。

「イントラセル」「イントラジェン」「HIFU(高密度焦点式超音波)」の3つの機能をもつウルトラセルは従来の機器では難しかったSMAS筋膜へも的確にアプローチできるのが最大の特徴です。

ウルトラセルでは表情筋を広く覆うSAMS筋膜に照射することで、年齢とともにたるんだ皮膚を肌の奥深くから引き締めてスッキリとたるみのないフェイスラインを手に入れるお手伝いをします。

ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+はウルトラセルの進化版です。ウルトラセル同様3つの機能で切らずにシワやたるみの改善が出来ます。
ウルトラセルと比べ照射時間が速くなり、痛みも軽減されています。範囲にもよりますが、例えば顔全体では約15分程度。ダウンタイムもなく、直後にメイクも可能なため忙しい方にもおすすめです。

また、1.5mm・2.0mmの登場によって目の周囲の小じわや目の下のたるみにも施術できるようになりました。

ウルトラセルを受けたいなら信頼できるクリニックを選ぶことが大切

ウルトラセルはウルセラ後発機の1つとして、ウルセラより安くリフトアップをできるのがメリットです。しかしウルセラと異なりリフトアップ効果が正式に認められているものではないため、確実にたるみを改善したい方は慎重に検討するべきでしょう。クリニックで治療を受けるなら、安さよりも安全性や効果の高さで施術を選ぶことが大切です。それぞれのマシンのメリットやデメリットを踏まえ、後悔のないクリニック選びをしてくださいね。

より安くウルセラを受けるなら?

「やっぱりウルトラセルよりも安全性と効果が認められているウルセラを受けたい」という人もいるでしょう。しかし、ウルセラの料金を見て

「今回はやめておこうかな」と消極的になる人もいるはず。

そんなときに参考にしてほしい、ウルセラを安く受ける方法があります。ウルセラを受ける前にチェックしてみてください。

関連するページ

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)