ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い » ウルセラとマドンナリフトの違い

ウルセラとマドンナリフトの違い

マドンナリフトの特徴

マドンナリフトはイタリアDEKA社の炭酸ガスフラクショナルレーザー、スマートサイド・スクエアを使ったレーザー治療です。

フラクショナル炭酸ガスレーザーで肌に微小な穴をあけてダメージを与えると、肌の表面積が縮みます。これを繰り返すとたるんだ肌は引き締まっていく、という仕組みです。その後、ダメージの回復のために放出される成長因子によってコラーゲンも増産され、約6か月かけて肌は引き締まっていきます。

切らずにまぶたのたるみや小ジワ、眼瞼下垂などの目元のエイジングサインに効果がある画期的な治療法です。手術のように劇的な変化ではありません。自然な仕上がりでたるみが引き締まっていくため周囲に気が付かれずに美しくなれます。

特にまぶたがたるんでしまうと、実際の年齢よりも老けて見えてしまいます。年齢を重ねた女性に多い悩みの眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がることによって起こります。その原因のひとつは、加齢によるコラーゲンの減少です。マドンナリフトはまぶたの際まで照射できるマシーンを使用。目の周りのコラーゲン増加を促し、眼瞼下垂の治療にも効果があるといわれています。

期待できる効果

  • まぶたのたるみを切らずに治療できる
  • 目元の小ジワが気にならなくなる
  • 目元のお肌のハリがでる
  • 目元が若々しくなる

マドンナリフトの効果は?メリットは?

フラクショナル炭酸ガスレーザーで表皮に開いた微小な穴が治癒する過程で、肌の表面積が小さくなり、引き締まってゆきます。

そのあと、約6か月かけコラーゲンが増殖され、肌がぐっと若返ったような感覚に。それを繰り返すことでまぶたの垂れ下がりや目元の小じわが改善します。

今までまぶたは手術で切るという選択肢しかなかったのですが、このマドンナリフトの治療ができることで、忙しい方や家をあけられない方も「施術跡が気になるから…」「ダウンタイムが長いから…」と治療を行いやすくなり、治療に挑戦しやすくなりました。

マドンナリフトのデメリットは?

個人差はありますが、照射時にチクチクとした痛みがあります。(事前に麻酔はします。)治療後に目の違和感、痛み、充血、腫れを起こす場合があります。

お化粧は照射後3日目から可能となります。

マドンナリフトの料金相場

マドンナリフトはウルセラと比べ比較的安価な料金設定となっています。

上眼瞼・下眼瞼など部位ごとに1回 30,000円~50,000円、上眼瞼+下眼瞼や額+上眼瞼などのセットのすると料金設定が変わるところが多いようです。

1~2ヶ月毎に3~5回行うと効果的ということもあり、複数回分パックとなっている料金設定をしているところも多いようです。

マドンナリフトやウルセラを効果的に受けるなら

マドンナリフトもウルセラも医療行為です。医師の技術で仕上がりや副作用のリスクも変わってきます。

特に顔のパーツの中でも目元は繊細な部位で、イメージと仕上がりが数ミリ違うだけで印象が大きく変わります。医師とのカウンセリングの際のすり合わせも重要となってきます。