ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い » ハイソニック

ハイソニック

これまで外科治療という選択肢しかなかったリフトアップ治療に、新たに「HIFU治療」という分野が加わり、「メスを使わないたるみ治療」として注目を浴びています。こちらではHIFU治療の1つである「ハイソニック」を紹介します。効果やメカニズム、メリットや費用相場、痛みや副作用などのリスクを分かりやすくまとめました。

ハイソニックとは

ハイソニックとは、「HIFU(ハイフ)」と呼ばれる超音波を搭載した美容医療機器です。HIFUは、肌の奥深く、肌と筋肉の境目にある「筋膜(SMAS層)」にまで達して、そこでピンポイントに作用します。ここがHIFUと他のレーザー治療と大きく異なる部分です。

従来のレーザーやIPLでは、肌の一番表面にある表皮層やその下の真皮層、RF(高周波)でも皮下脂肪層にまでしか届かなかったのに対し、HIFUなら肌の最奥部にあるSMAS層にまで届くため、たるみの根本原因であるSMAS層の緩みにアプローチできるのです。そのため、たるみが進んでいるお肌にはHIFUを搭載したハイソニックによる施術が効果的というわけです。

ハイソニックの特徴

HIFUはもともと前立腺がんの治療などに使用されていた超音波ですが、肌のたるみにも効果があることが確認されてからは美容医療機器としても多く開発されてきました。

その1つであるハイソニックは、これまでのHIFU治療器と比べて出力の調整幅が広く、アプローチできる深度を自由に設定することができるうえ、深度も強さも正確で均一。SMAS層より手前の脂肪層や真皮層、表皮層にアプローチしたい場合にも対応できますし、わずかな誤差やブレによって本来の効果が軽減してしまう心配もほとんどありません。

ハイソニックのメカニズムと効果

深さ4.5mmの位置にあるSMAS層をターゲットにハイソニックのHIFUを照射すると、他の部位を避けてSMAS層にのみHIFUのエネルギーが集中し、熱変性を起こします。

この熱による刺激自体にもSMAS層のコラーゲン線維を収縮させ引き締める効果があるのですが、加えて熱によって破壊されたSMAS層の細胞が自己修復する際に、新たにコラーゲンを生成し始めるため、施術後3~6ヶ月にかけてゆっくりと肌の弾力が回復していきます。

つまり施術後すぐ、そしてその後数ヶ月にかけて徐々にたるみが改善されていき、リフトアップ効果を感じることができるようになります。

ハイソニックのメリット

治療時間が短くダウンタイムもほとんどないハイソニックは、毎日忙しい女性でも気軽に利用できるのがメリット。施術内容にもよりますが30~40分もあれば終了しますし、術後の禁忌事項もほとんどないため、その後の予定を考える必要もありません。仕事帰りにサッと寄って施術してもらうことができます。

またリフトアップマッサージのような外からの刺激とは異なり、コラーゲンの生成を助けることでたるみを改善する施術ですから、効果の持続時間も長く、しわの改善など他の美肌効果も期待できるというメリットまであります。

ハイソニックの痛み・リスク・副作用

ハイソニックを含めHIFU治療は多少ピリピリとした痛みを感じることがありますが、これはHIFUを照射する深度に比例します。最も深いSMAS層にアプローチする場合最も痛みを感じますが、それでも我慢できないほどの痛みではなく、真皮層、表皮層ともなるとほとんど痛みは感じないでしょう。

重大な副作用も報告されていませんが、稀に皮膚が赤くなったり炎症を起こしたりすることはあるようです。

ハイソニック治療の費用相場

ハイソニックを顔全体に施術する場合でおよそ6~10万円、首と顔全体のセットプランで約12~14万円、両頬のみなら約5~8万円と、比較的安価なのもハイソニックの良いところ。またクリニックによっては2回目以降を割引価格にしたり複数回コースで1回あたりの価格を安くしたりしているところもあります。

ハイソニックに向いている人

たるみを根本から改善したいけれど外科手術や注射には抵抗があるという人、たるみと同時に毛穴の引き締めや小顔効果も得たいという人は、HIFU治療がおすすめ。なかでもできるだけリーズナブルにHIFU治療を受けたいという人なら、ハイソニックを扱っているクリニックを探すと良いでしょう。