ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い » エンダモロジー(エンダモリフト)

エンダモロジー(エンダモリフト)

当初痩身マッサージとして導入されていたエンダモロジーですが、顔に使用することでも高い美容効果が得られることが分かったため、現在ではフェイシャルケア・たるみケアとしても人気があります。こちらではエンダモロジー(エンダモリフト)のメカニズムやメリット、痛みや副作用などのリスク、エンダモロジーが向いている人などについて説明していきます。

エンダモロジー(エンダモリフト)とは?

現在、多くの美容クリニックで導入されている「エンダモロジー」。もともと「エンダモロジー」とはセルライトを除去するための機械名だったのですが、最近では同じメカニズムを採用している機械を使って行うマッサージメニューのことを「エンダモロジー」と呼ぶようになりました。

エンダモロジーは前述の通り、セルライト除去を目的に開発されており、機械を使用して「揉む」「解す」「吸引する」という主に3つの異なる刺激を深部にまで与え、肥大化し凝り固まったた脂肪=セルライトを解し溶解させていきます。

脂肪細胞の数自体を減らす「脂肪吸引」とは異なり、マッサージ刺激により脂肪細胞の代謝効率を上げることが目的ですから、即効性は期待できないものの「基礎代謝の良い体」へと導くことで体質自体を改善することができます。

エンダモロジー(エンダモリフト)の効果

フェイシャルにも効果あり

前述した「代謝の良い体質」へ導いてくれるエンダモロジー。それこそが、フェイシャルケアにも効果を発揮する所以と言えます。

エンダモロジーを顔に施すとそのマッサージ効果により血液とリンパの流れが良くなるため、フェイス部分の代謝が良くなり、老廃物が速やかに排出。むくみが取れてスッキリとした小顔になり、肌のターンオーバーも正常化するため、新しい肌細胞に生まれ変わりやすくなるわけです。

肌の弾力を取り戻す

エンダモロジーの効果を科学的に証明するために行われた海外の実験では、エンダモロジートリートメントを8週間顔半分だけに行った結果、もう半分の肌と比べて明らかなエラスチン線維とコラーゲン線維、ヒアルロン酸生成量の増加が見られたと発表されています。

つまり、ただ単に老廃物を流して代謝を良くするだけでなく、肌の保湿や弾力を保つのに欠かせない成分を増やし、たるみやしわの改善、リフトアップや毛穴の引き締めにも効果を発揮する、ということなんですね。

エンダモロジー(エンダモリフト)のメリット

エンダモロジーは注射でも手術でもなくあくまでマッサージですから、安全で痛みもなくエステのような感覚で受けることができるのが最大のメリットです。ダウンタイムもほとんどどないため、翌日の予定を考えながら施術日を計画する、といった面倒もありません。

30分ほどの施術が一般的なハンドマッサージの3~4時間分にあたりますから、時短で効率が良いのもメリットになります。

エンダモロジー(エンダモリフト)の痛みは?

前述の通りエンダモロジーはマッサージですから、基本的に痛みはなく、施術後に痛み出すという心配もありません。人によっては気持ちよすぎて施術中に眠ってしまうほど。

稀に痛みを感じる人もいるようですが、大抵それはセルライト燃焼のために奥深くをつまむようにしてマッサージする場合やセルライトがひどく凝り固まっているような場合ですから、フェイシャルに使用する場合に痛むことはほとんどないと考えられます。

エンダモロジー(エンダモリフト)のリスク・副作用

ボディメイク目的でエンダモロジーを受ける場合には前述の通り痛みや揉み返しが出たり、食べた物の吸収率が良くなってしまったりするという副作用の可能性がありますが、ことフェイシャル目的に使用する場合にはこれといったリスクはありません。

あえて挙げるとすれば、体調によっては皮膚の炎症や内出血を起こすことがある、という点でしょう。肌の弱い人は注意が必要かもしれません。

エンダモロジー(エンダモリフト)が向いている人

フェイシャルケアとしてのエンダモロジーが向いている人としては、顔のたるみやしわ、むくみが気になり始めた人、ちょっと特別なフェイシャルケアをしてみたい人、ピンポイントで気になる部分を改善するというよりは全体的に肌質を改善したい人、などが挙げられます。

効果は緩やかなので、じっくり時間をかけて「いつの間にかキレイになってる」というのが理想、という人にピッタリです。逆に言うと手っ取り早くたるみを改善したい、劇的な変化を経験したい!という人にはあまり向かない施術と言えるかもしれません。