ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 【効果・料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い

【効果や料金を比較】他たるみ治療とウルセラの違い

ウルセラと他のたるみ治療の違い

ウルセラのような超音波を照射する治療法のほか、外科手術を行う方法や高周波を照射する方法など、たるみを引き上げる施術はたくさんあります。それらの施術法別に特徴や効果などを比較してみましょう。

ウルセラとサーマクール

サーマクールは、高周波のラジオ波を照射して肌の内部へ熱を加えて熱変性を起こし、たるみを引き締める施術法です。電子レンジで食べ物をチンして熱するのと同じ原理で、表皮の下の真皮から脂肪層のあたりを加熱します。

ウルセラとフェイスリフト

こめかみや生え際の皮膚を切開してたるみを引き上げ、余分な皮膚を切り取って縫い合わせる手術。表皮だけを引き上げても効果が長続きしないので、伸びにくいSMAS層を剥離して引き上げ、縫い合わせます。

ウルセラとウルトラリフト

ウルトラリフトは韓国メーカーが発売しているHIFU(ハイフ)マシンで、ウルセラの後発器です。超音波を照射して皮膚の下4.5㎜にまで熱を伝える仕組みは一緒ですが、エステサロンでも扱えるほどに出力を落して設定されています。費用も顔全体で7~8万円とウルセラよりもリーズナブルです。

ウルセラとウルトラセル

超音波を照射するウルセラと、高周波を照射するサーマクールの機能を両方搭載したような機械で、韓国メーカーが開発したジェネリックマシンです。必要最低限の機能だけを残してコストダウンを図っており、顔全体で20万円前後とウルセラよりも少し料金は抑えめに設定されています。

ウルセラとスマートソニック

スマートソニックも、ウルセラと同じように4.5㎜の深さまで超音波を照射することができるマシンです。ピンポイントで点状に照射するウルセラに対し、スマートソニックは少し広い範囲に円状に照射し、出力も控えめ。顔全体で7~10万円前後とリーズナブルですが、アメリカのFDAの認可は受けていません。

ウルセラとダブロ

ダブロも韓国メーカーが開発したHIFU(ハイフ)マシン。3.0㎜と4.5㎜の深さに熱を加えることができますが、ダブロの場合は円状にふんわりと熱が伝わるため、たるみ改善効果も弱め。アメリカFDAの認可を受けておらず、看護師でも照射できるためウルセラと比べると出力も費用も控えめなマシンです。

ウルセラとポラリス

ポラリスはアメリカの医療機器メーカーシネロン社が開発した美容機器です。RF(高周波)とダイオードレーザーを照射することで、美肌効果を得られます。肌へのダメージを考慮している設計のため、ダウンタイムは短め。アメリカのFDAから承認を受けており、その安全性は折り紙付き。ダウンタイムが短く、施術当日からメイクができるので気軽に挑戦できる治療のひとつです。ただし効果に関しては、ウルセラのようにリフトアップを認められているわけではないので注意してください。

ウルセラとタイタン

赤外線フラッシュを使った美容医療機器であるタイタン。ウルセラと比較するとリフトアップ効果は及びませんが、毛穴の引き締めや美肌などのタイトニング効果が特徴です。初回の治療費がリーズナブルなため、アンチエイジング治療の入門として注目されています。また、アメリカのFDAから認可を受けており、安全性は保証付き。ただし、こちらもリフトアップ効果を承認されたわけではありません。

ウルセラとフォトRF

IPL(光)とRF(高周波)の2種類を肌に照射することで、肌の引き締めやたるみ、ほうれい線に効果を発揮するフォトRF。初回の料金相場は3万円~5万円と比較的安価な治療です。ただし、料金に関してはランニングコストも考慮のうえで検討すべきでしょう。ウルセラと同じようにダウンタイムが短く、施術をした当日からメイクもできます。

ウルセラとイントラジェン

一般的なたるみ治療でも使われているRF(高周波)を最新のテクノロジー「GFR」を用いて格子状に照射するイントラジェン。従来の治療よりも肌へのダメージと痛みが軽減されています。ウルセラと比較するとたるみ改善効果は弱く、持続期間も短めです。イントラジェン単体での治療ではなく、ウルセラ治療をした後のメンテナンスに利用される方も多いようです。

たるみ治療で使われるHIFU(ハイフ)とは?

ハイフとは高密度焦点式超音波の略称で、超音波を皮膚の下の一点に集めて照射することで、熱を発生させてたるみを改善するマシンです。ウルセラの場合は、皮下脂肪の下のSMAS層にまで熱が到達し、熱凝固で筋膜を引き上げる作用があります。

ウルセラ+ダブロ「W-HIFU」に注目

強力な引き上げパワーのウルセラと、比較的広い範囲に照射するダブロの2種類を組みあわせて照射することで、強い引き上げ効果を効率的に実現できる施術法です。当サイト監修のプライベートクリニック吉祥寺でも受けられます。

リーズナブルで痛みの少ないVELO-HIFU(ベロハイフ)

VELO-HIFU(ベロハイフ)とは、リーズナブルで痛みが少ないものを、という目的で開発されたHIFUです。パワーが弱い代わりに痛みが少なくなっていることが特徴で、痛みの面や経済的な理由にてウルセラを断念していた方に検討してもらいたい施術法です。ただし、一度受けた程度では顕著なたるみ改善効果を期待することはできません。

家庭用HIFUの効果とリスク

超音波を照射してたるみを引き上げるHIFUの効果を自宅でも体感できる、家庭用の小型マシン。数万円で購入できるため、予算的な理由でウルセラを断念した方などから人気を得ています。施術効果には確証がないことと、施術によって後遺症やトラブルが起こる危険性があることを認識の上で購入すべきです。

ウルセラ後発器の注意点

全世界で話題となったウルセラと同じ仕組みで、たるみに効果を発揮するよう作られたジェネリックマシンは、韓国メーカーを中心に多数販売されています。いずれも、リーズナブルな料金で施術できるようコストダウンを図っていて、安全性や効果については担保されていません。アメリカのFDAから承認を受けているマシンもなく、欧米では使用できない機器になのです。また、機器本体と消耗品の不安定性が傾向として見られ、安全性への懸念と施術ごとの作用のばらつきが最大のデメリットとなります。

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)