ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » タグ : ショット数

ショット数

  • 皮膚のたるみの原因は、大きく分けて3つ。加齢による皮膚の老化、紫外線や乾燥によるダメージ、筋肉のゆるみです。たるみの原因が皮膚の厚さによって異なるため、目の周りとほほウルセラでの施術方法や治療効果に違いが出てきます。部位…

  • イメージ イメージ

    ほほや目のまわり、あご下、首のしわなど、パーツごとにたるみの原因は異なります。要因の1つは加齢による皮膚の老化。コラーゲンやエラスチンの減少によって肌の弾力が不足することに加え、表情筋の衰えでたるみを引き起こしてしまうの…

  • ウルセラは線状に超音波を照射。照射される線が多いほど、リフトアップ効果は比例して増えていくとされていますが、ウルセラ社のガイドラインによれば380ショット・500ショットまでが目安となっています。これ以上のショットは、医…

  • イメージ イメージ

    ほほにたるみができる大きな要因は加齢や脂肪の蓄積、乾燥や紫外線などです。ウルセラは超音波によって熱エネルギーを発生させ、肌の奥にある筋膜にアピールします。熱を与えられたSMAS層の筋膜が引き締まることで、皮膚の内側からリ…

  • イメージ イメージ

    弾力を失い伸びきった皮膚が集まり、筋肉が衰えて垂れ下がる老化の現れやすいのが、あご下です。あごの下がたるむ主な要因は、口周りの筋肉の衰えや皮膚の弾力不足。あご下のたるみを放置していると二重あごや首の横じわができてしまいま…

  • イメージ イメージ

    表情をつくる際にできてしまうおでこのしわ。眉の上から頭頂部にある前頭筋の衰えが大きな要因です。ウルセラで引き上げることでおでこのしわが目立たなくなるうえ、まぶたのたるみにも効果を発揮。さらにこめかみにも同時に照射するため…

  • イメージ イメージ

    まぶたのたるみの原因は、目の周りの筋肉である眼輪筋の衰えです。目を酷使する人や年齢によって筋肉が皮膚を支えられなくなり、たるみを生じてしまいます。まぶたの下には眼球があるため、ウルセラを直接照射することはできませんが、お…

  • イメージ イメージ

    目の下のたるみは皮膚の伸びや筋肉の衰え、皮下脂肪の重みなどで生じます。たるみが悪化すると、老けた印象を与えるゴルゴラインができてしまうので、早めのケアを心がけましょう。目の下のたるみをクリニックでケアするならウルセラがお…

  • イメージ イメージ

    首のしわは加齢による皮膚や筋肉の衰えだけでなく、姿勢が原因でできてしまうことも。ウルセラはすぐに効果が出る治療法ではありませんが、首への効果は比較的早く約1ヶ月ほどで実感できるでしょう。1ヶ月かけて効いてくるので周りに気…

  • イメージ イメージ

    ほうれい線が深くなると、一気に老けた印象が付いてしまいます。ほうれい線のしわ・たるみの原因を改めてチェックしてみましょう。 ほうれい線のしわ・たるみの原因 ほうれい線は加齢によって皮膚のコラーゲンが減少したり、皮膚を持ち…