ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみはサプリメントで改善できる?

顔のたるみはサプリメントで改善できる?

さまざまな原因で起こってしまう顔のたるみ。このお肌の悩みをサプリメントで気軽に改善できると良いですよね。ここでは、たるみの原因から、サプリで摂取するべき成分、その他の対策についてもまとめているので参考にしてみてください。

そもそも肌がたるむ原因は?

肌は大きく分けて、表皮・真皮・皮下組織で構成されています。たるみの原因は表皮の下にある真皮にあると言われています。肌のハリは真皮にある「コラーゲン」が、弾力は「エラスチン」という繊維がもたらしてくれますが、年齢などの影響でコラーゲン・エラスチンの量が少なくなったり、機能が低下したりすると、肌が弾力を失われ、たるみにつながってしまうのです。

また筋力の衰え、乾燥や紫外線によっても肌の弾力低下が起こります。とくに乾燥は肌のバリア機能低下を引き起こし、肌がダメージを受けやすくなってしまうので注意しましょう。

たるみを改善したいときのサプリメントの選び方

有効成分をチェック

しわやたるみは、顔の老け度を増加させる要因です。年齢を重ねてから慌てる…のではなく、早めにエイジング対策をして若々しい肌の印象をキープしましょう。たるみを改善するためには、お肌のハリや弾力のもととなる成分や、それをサポートする成分を摂取することが有効。サプリメントを選ぶときは、次に挙げるようなしわやたるみに有用な美容成分が含まれているかに注目しましょう!

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、そのままでは壊れやすいビタミンCを安定させて、肌に浸透しやすくした成分です。肌のコラーゲン増加をサポートさせる働きのほか、美白ケアやニキビケア、抗酸化対策にも効果的。化粧品などの全成分表示上は「アスコルビル○○」「○○アスコルビン酸」と記載されています。

コラーゲン

肌のハリや弾力のもとになるコラーゲンは体内に存在している成分ですが、20歳頃をピークに、その生成量はだんだん減少してしまいます。また、必要以上に紫外線を浴びたりして真皮層がダメージを受けてしまうと、コラーゲンも破壊されてしまうのです。コラーゲンはサプリメントにもよく含まれる成分。コラーゲンが不足しないように、内外からケアしていく必要があります。

コエンザイムQ10

酸素を取り込んで体を動かすエネルギーを作るなかで発生する活性酸素は、過剰に増えると体や肌にダメージを与えてしまいます。私たち人間の体はこの活性酸素の働きを和らげるための機能をあらかじめ備えていますが、その機能を担う成分の1つが「コエンザイムQ10」です。加齢とともに減少してしまう成分なので、食事やサプリメントから積極的に摂りたい成分です。

レチノール

レチノールはビタミンAの一種です。とくにしわやたるみへの効果が高いとされているのがピュアレチノール(純粋レチノール)。ピュアレチノールは効果が高い分、肌への刺激が強いのが気になるところ。一方で、レチノールの効果を維持しながら、肌への刺激を軽減させたものがレチノール誘導体です。ファーストエイジングケアにはレチノール誘導体がおすすめ。

ビタミンE

代謝機能の低下も、肌のたるみの原因のひとつとされます。この代謝機能をサポートしてくれるがビタミンEです。ビタミンEには、活性酸素の働きを抑えて、血行をスムーズにする働きがあり、肌の新陳代謝を促してくれます。ビタミンEはナッツ類に多く含まれていますが、ナッツの脂質が気になる方は、サプリで補うとよいでしょう。

続けやすさをチェック

たるみ改善を目的にサプリメントを試してみたい!と考えている方に知っておいてほしいのは、「サプリの効果はすぐに得られない」ということ。地道に続けていかなければ効果はありません。継続することによって、やっと効果があらわれるものなので、サプリメントを選ぶ際は「続けやすさ」も大事な項目です。

料金

一口にサプリと言っても、さまざまなメーカーから同じ成分が含まれているサプリが発売されているので、どれを選んだらいいか最初は迷ってしまうかもしれません。一番重要なのは、自分が続けられるものを選ぶこと。そして、高すぎるサプリメントは続けにくいということです。有効成分をチェックしながら、無理なく継続できる価格帯のサプリメントを選ぶようにしましょう。

飲みやすさ

サプリを選ぶ際には、飲みやすさも重要です。味やにおいが気になってしまう、1日に飲む回数が多くて大変、1回で飲む量が多くて辛いなど、同じサプリでも人によっては上手くマッチしないということがあります。飲むのが億劫になってしまうサプリは避けるようにしましょう。もし、今飲んでいるサプリメントが飲みにくい、合わないと感じていたら別の物に変更してみるのもひとつの手です。

サプリメントだけじゃ効果"薄"!
そのほかのたるみ対策方法

ここまでサプリメントについて紹介してきましたが、サプリはあくまで足りない栄養素を補うものです。サプリメントを摂っているから大丈夫と過信してしまうのは大きな間違い。サプリはあくまで補助的な役割なので、大きな改善は望めません。たるみを改善したいと本気で考えている場合は、ほかの対策方法も取り入れていきましょう。

紫外線ケア+乾燥ケアが重要

紫外線は肌がたるむ要因のひとつです。紫外線ダメージが蓄積されることで、肌の真皮層までダメージを受けてしまいます。紫外線はたるみ以外にも、シミやシワなどの原因にもなるので、季節に関わらず日焼け止めを塗ったり、帽子やサングラスを活用したりするなど、紫外線対策をしっかりと行いましょう。また、乾燥ケア・十分な保湿もたるみ改善の重要なカギ。肌の水分量を保つために、優しく丁寧に洗顔した後、化粧水、クリームなどでしっかり保湿をおこなうことが大切です。

生活習慣を見直す

たるみを引き起こす原因は、生活習慣にも潜んでいます。不規則な生活による睡眠時間の不足や、猫背などの姿勢の悪さが原因ということもあるので要注意。食事面では、高脂質・高糖質な食事ばかりしていると、皮脂分泌量が増えてしまい毛穴が目立つ原因になります。生活リズムや食生活の見直しをおこない、健康のためだけでなく、たるみ改善という美容のためにも規則正しい生活を心掛けましょう。

たるみ改善にはウルセラやサーマクールもおすすめ

たるんでしまった肌や毛穴をセルフケアだけで改善するのは、残念ながら難しいんです…。毎日スキンケアやエイジングケアを頑張れば少しずつ改善されてはいきますが、劇的な変化は期待できません。たるみ毛穴や肌のたるみを肌の深いところからしっかり改善したい場合には、ウルセラやサーマクールなど美容医療を検討するのがおすすめです。肌のたるみにはウルセラでリフトアップ、ハリのなさが気になる場合はサーマクールを検討すると良いでしょう。