ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 「スマホ顔」はシミ・たるみの原因!改善法は?

「スマホ顔」はシミ・たるみの原因!改善法は?

スマホは現代社会において欠かせないアイテムの1つです。ただ毎日使っているからこそ「スマホ顔」になっている危険性があります。

スマホの使いすぎは顔のたるみやしわが目立つ老け顔に繋がるため、原因や改善方法を知っておきましょう。

「スマホ顔」の原因

スマホを見ている時は、表情が変わることがほとんどありません。基本的にはずっと無表情でスマホを見ていることでしょう。

この状態が長時間続くと表情筋が全く使われないため、顔の筋肉が衰えて凝り固まります。すると皮膚も下がりしわやたるみの目立つ老け顔になるのです。

その他にもスマホによる老け顔の原因はたくさんありますので、1つずつチェックしていきましょう。

眼精疲労はしわ・クマ・たるみを招く

スマホを見ている時は、まばたきの回数が極端に少なくなります。これはパソコンやテレビに集中している時も同様で、長時間続くとドライアイや眼精疲労を引き起こすでしょう。

また画面に注視している時は目がほとんど動かず、外眼筋という筋肉の機能が低下します。すると目の血行が悪くなり、目周辺のしわやクマが生じやすくなるのです。

またまぶたが垂れ下がり、老けて見えるだけでなく目が小さくなるでしょう。

下向き・猫背はたるみを促進する

スマホをいじる際、ほとんどの人は下を向き猫背気味になります。これでは顔の重力があごに集中してしまい、皮膚が下向きに引っ張られるのです。

このような姿勢は肩や首の凝りにも繋がり、頭皮を硬くしてしまいます。皮膚を引っ張る力が衰えるので、顔全体のたるみに繋がるでしょう。

スマホ顔セルフチェック方法

自分がスマホ顔かどうかを確認すれば、適切な予防方法が見つかります。

セルフチェックの方法として、まずはいつもの姿勢で10分間スマホをいじってみてください。最初は良い姿勢を保っていたと思っていても、徐々に顔が下を向き猫背気味になってくるはずです。

10分後、スマホを触っていた姿勢のままでインカメラを起動しましょう。無表情で顔がたるんだ自分の姿が写ります。それがスマホ顔です。

スマホによるたるみ改善のコツ

スマホによる顔のたるみは、放っておくとあっという間に進行していきます。毎日何度も使用するスマホだからこそ、きちんとしたたるみ改善方法を身に着けておく必要があるでしょう。

笑顔エクササイズで老化防止

スキンケアで肌に十分な潤いを与えるのも大切ですが、マッサージでは筋肉は動きません。スマホ顔は表情筋を使わないことが原因の1つなので、筋肉を動かすエクササイズが効果的です。

1日に数回、鏡に向かって笑顔を作ってみてください。舌で内側から口角周辺を押すようなエクササイズもおすすめです。意識して筋肉を動かせるので、たるみの予防になります。

枕を使わないで寝る

スマホ顔によるたるみやしわは、顔だけではなく首やあごの下にも及びます。お風呂上りに最適なスキンケアをした後、枕を使用せずにタオルを1枚敷いて寝てください。

枕を使用しないことで、姿勢の改善や肩・首まわりの凝りをほぐしてくれます。今晩から実践できる改善方法なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

スマホの使用時間を減らす

スマホ顔を改善する1番の方法は、スマホを使う時間を少なくすることです。必要時に確認するのは仕方のないことですが、何時間もSNSを見たりゲームをしてしまうと姿勢が崩れ、たるみやしわをもたらします。

普段暇だからとスマホを触る時間で、ストレッチや運動をすれば、美肌に近付けるでしょう。スマホを触るのがクセになっている人は、最初のうちは辛いかもしれません。しばらくすると慣れてくるため、スマホを触らないことを意識してみてください。