ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみの原因 » ほほ|顔のたるみの原因

ほほ|顔のたるみの原因

ほほのたるみの原因

顔のパーツの中でも、特にたるみが目立ちやすいほほ。いつまでも若々しいほほでいたいですよね。 ほほがたるむ原因について解説していきます。「最近、ほほのたるみが気になってきた」という方はぜひチェックしてください。

加齢

肌にもともと存在する潤い成分は、年齢とともに徐々に減少していきます。例えば、ハリのあるほほを維持しているコラーゲンやエラスチンは、50代になると20代のころに比べて約半数近くの量にまで減少してしまうのが一般的です。 たるみの原因は加齢だけではありませんが、放っておくとたるみが進行してしまうのも事実なので、年齢に合った対策を講じることが大切です。

肌の乾燥

肌の乾燥がしわや肌荒れの原因になることは有名ですが、実はたるみにも深く関係しているのです。 ターンオーバーが乱れると、肌の水分が蒸発しやすくなります。必要な水分を肌の内側に溜め込んでおかないと乾燥を招き、肌の弾力やハリも失われることに。そうなると、肌は重力に逆らえなくなり、結果肌がたるんでしまうのです。 乾燥の原因は紫外線や間違ったスキンケア、生活習慣の乱れなどさまざまなので、十分な潤いを保てるよう対策しましょう。

表情筋の衰え

腕や脚などに筋肉があるように、顔全体にも筋肉が張り巡らされています。人間の顔には約30種類の筋肉、いわゆる表情筋があるといわれており、衰えてしまうと重力に負けてたるんでしまうのです。 また、表情筋は筋肉自体に皮下脂肪や皮膚が付いているものなので、少し衰えるとそれがダイレクトに見た目にあらわれてしまいます。

表情筋は使用しないと衰えていく一方なので、日常生活の中でも意識的に使うことを心がけましょう。特にほほは顔の広範囲を占める部分。口角を上げたり、ほほを動かしたりちょっとしたことでも筋肉を鍛えてあげると良い影響をもたらすでしょう。

紫外線の影響

紫外線はシミやしわなどの肌トラブルを起こす主要因の1つですが、ほほのたるみにも大きな影響を与えています。 肌が潤いで満たされ、弾力・ハリのある状態を維持するためにはエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸が必要です。これらの成分は線維芽細胞という細胞で作り出されています。紫外線を浴びると、酸素が変性して活性酸素が発生し、その活性酸素が線維芽細胞にダメージを与えることで、コラーゲンをはじめとした潤い成分を作りにくくしてしまうのです。 結果、弾力のある肌を作り出すのに十分な量を生成できなくなり、肌がたるんでしまいます。

猫背

男女ともに悩んでいる方が多いのが猫背です。知らず知らずのうちに猫背になっているという方は多いもの。 若いうちからほほのたるみを気にする方が増えているのも、その猫背が原因として考えられます。長時間に渡ってデスクワークをしているときや、スマートフォンにくぎ付けになっているときなど、体の力を抜いて姿勢を崩すことに慣れてしまうと、それが癖になり猫背になってしまうのです。

背中が丸くなり顔が前に出る猫背の態勢は、顔の皮下脂肪と皮膚が下へ引っ張られる状態になってしまうので、それがたるみへ繋がります。何気ない生活習慣ですが、注意が必要です。

むくみがたるみを引き起こす?

むくみとたるみは別物だと捉えている方は多いと思いますが、実はむくみを放っておくとたるみに繋がるといわれています。 むくんでいる状態が当たり前になると、皮膚自体が伸びてしまい、垂れ下がってしまうことにもつながります。むくみを一時的なものだと捉えるのではなく、ほほのたるみを生む原因にもなると頭に入れておいてください。

頭皮がたるむと…ほほもたるむ?

頭皮も含め、顔の皮膚はすべて繋がっています。頭皮がたるむとそれが顔全体の皮膚に影響を与え、たるみを引き起こすことがあるのです。

頭皮はほほと同じように、老化によって重力に負けてしまう場合もあれば、乾燥で皮膚が硬くなり伸縮性が無くなってたるむ場合などさまざま。自分の肌に合わないシャンプーを使っている、または紫外線の影響などでたるみにつながることも考えられます。 顔のたるみ対策と合わせて頭皮ケアも検討してもいいかもしれません。

たるみの原因・出方に応じた対策を

顔のたるみの代表的な箇所であるほほ。たるみ対策にスキンケアやマッサージを取り入れることもひとつの手ですが、たるんでいるパーツや原因によっては逆効果になることも考えられます。

肌のハリが失われ、元気がない印象の方は引き締め作用を持つ施術であるサーマクールがおすすめです。引き上げ効果は少ないですが、肌にピンッとしたハリをもたらしてくれます。

ほほ自体の位置が下がって、実年齢よりも上に見られるようになってしまったら、ウルセラが適しているでしょう。ウルセラは、引き上げ効果が抜群なため、たるんでしまったほほをグッと引き上げてくれます。 どの施術が自分に合っているのかは、たるみの出方によって異なります。カウンセリングで医師に相談してみると良いでしょう。