ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみの原因 » 目の下|顔のたるみの原因

目の下|顔のたるみの原因

目の下のたるみの原因

目の下のたるみはまぶたのたるみと同様、年齢を顕著に感じさせるものです。 そんな気になる目の下のたるみですが、いったいどのような原因から生じるものなのでしょうか。以下で紹介する中から、普段の生活に当てはまるものはないかチェックしてみましょう。

眼窩脂肪という皮下脂肪が下垂

目の下には眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪があります。 年齢を重ねると、もともと眼窩脂肪を支えていた筋肉が衰え、下部に溜まってきてしまいます。眼窩脂肪は前に突き出て溜まるのが特徴で、触るとやわらかく涙袋のような感触をしています。 溜まり過ぎるとたるみとなり、目の下に影ができクマがあるように見えてしまいます。

加齢による真皮の変化

加齢は皮膚そのものを老化させてしまいます。肌に潤いを与えるヒアルロン酸やコラーゲンを作り出す線維芽細胞が衰えること、もともと存在していたヒアルロン酸を含めた美肌成分が減少してしまうことがその原因です。肌からハリや弾力が失われた結果、たるみが発生してしまうのです。 これが悪化すると、目の下にゴルゴラインと呼ばれる線ができる場合も。このゴルゴラインは頬骨が張っている方や目が大きい方などにできやすいといわれています。

過度なマッサージ

たるみやむくみ対策としてマッサージを行うこともあると思いますが、それは一歩間違えるとたるみを悪化させてしまうことにもなりかねません。目の下の皮膚は他の部位よりも薄くなっているため、ちょっとした刺激でダメージを受けることもあるのです。強くマッサージし過ぎた結果、必要以上に皮膚が伸びてしまい、たるみやしわを作ってしまう原因にもなります。

コンタクトレンズ着脱

コンタクトレンズを着脱するときに、目の周りの皮膚を引っ張ってしまうことはありませんか?特にハードタイプのコンタクトレンズは目を大きく開けなければ着脱できません。ちょっとした動作だと思うかもしれませんが、それが毎日積み重なると、皮膚のたるみにもつながりかねないのです。 できるだけ目の周辺の皮膚を引っ張らないよう意識したり、コンタクトレンズを着脱するためのスポイトを利用したりと工夫してみましょう。

たるみの原因・出方に応じた対策を

目の下の皮膚をたるませてしまう原因はいくつかありますが、事前に予防したり、改善したりすることも可能です。 改善策として美容医療の受診を検討されているのであれば、サーマクールやウルセラがそれに該当します、 ハリが失われた結果、たるみが目立っているのであればサーマクール。目の下のたるみと同時に目の周辺の小じわやちりめんジワ、クマなども一緒に改善したいなら、リフトアップ効果の高いウルセラがおすすめです。 たるみの原因や症状・要望に合わせ、適切な対策を検討してください。