ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 顔のたるみの原因 » あご|顔のたるみの原因

あご|顔のたるみの原因

あご下のたるみの原因

あご下のたるみが原因の二重あごに悩む女性は多いもの。肥満体質の方だけでなく、痩せ形の方でも懸念されている例も多くあります。 ここではあご下のたるみの原因についてまとめました。

あごは脂肪が溜まりやすい

顔の一番下に位置するあごは、そもそも脂肪が溜まりやすいパーツです。 老化をはじめとしたあらゆる原因によってたるんでしまった皮下脂肪や皮膚、筋肉が垂れてくると、それらはあご下に集まりやすいといわれています。また、あご下は表情筋の中でも特に日常生活の中で使われにくい個所なので、たるみが生じやすい部位でもあるのです。

筋力低下

あごには「おとがい筋」という筋肉が存在します。そのおとがい筋はあごの先端に存在しており、筋力が低下するとあご全体のたるみにもつながるのです。
食事の際に食べ物を噛む回数が少ない、硬いものは避けて柔らかいものだけ食べるなどが原因で、筋力が低下してしまうことがあります。最近では硬いものを好まない人が多くなり、昔に比べて顎の筋肉が低下している方が増えているようです。

体重増加

体重が増えると、その分あご下に脂肪がついてしまいます。また、あごに皮下脂肪が蓄積したまま放置していると、リンパの流れが悪くなりむくんでしまうことも。
むくみをそのままにしておくと、皮膚が伸びきって垂れてしまうことも考えられます。なかなか消えないセルライトも溜まりやすい場所なので、体重が増加するのを防ぐほか、リンパが溜まらないようマッサージなどの対策も考えられます。

姿勢、噛み合わせ

日常生活における姿勢や噛み合わせによって、二重あごを作り出している可能性があります。パソコンやスマートフォンを使用していると、つい首が前に出た姿勢を取ってしまい、それがあごの筋肉低下に繋がっていることも。また、首や肩が凝っている人は、無意識のうちに姿勢が悪くなっていることも考えられます。 そのほか、もともと歯のかみ合わせが悪い、または虫歯によって左右の歯がそろっていない場合なども、二重あごを作り出してしまう原因になるので注意が必要です。

たるみの原因・出方に応じた対策を

あごのたるみの原因は人それぞれ異なるので、症状に合った対策を取ることが大切です。
あごは脂肪が溜まりやすい箇所であるほか、むくみやすい部位でもあります。マッサージや体操などの対策も考えられますが、肌のハリが失われてたるみが生じてしまっているのなら、サーマクールなどの美容医療も検討すべきでしょう。
さらに根本的な改善としてリフトアップを望むのなら、ウルセラがおすすめとなります。強い引き上げ効果によって、首のしわも合わせて改善することも期待できます。
このように、たるみの出方や自分の目的に応じて、適した対策・施術は異なるもの。正しく原因と症状を理解し、それに合致した対策を講じましょう。