ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ » 年齢による変化と顔のたるみ度チェック

年齢による変化と顔のたるみ度チェック

女性にとって、悩ましい問題である「たるみ」。顔全体にたるみが生じると、まるで疲れているかのように、どんよりとした覇気のない印象の表情になってしまいます。

たるみを引き起こす要因にはさまざまなものがありますが、その中でも避けられないのが「加齢」。年齢を重ねにつれて体は少しずつ変化し、それに付随して徐々に皮膚が垂れ下がっていくのです。

加齢で顔がたるむ理由1
「骨密度の減少」

顔のたるみは、皮膚や筋肉だけの問題ではありません。実は、肌のずっと奥にある「骨」の密度が、たるみやシワと深く関係しているのです。

骨の密度=骨密度は、20代をピークに徐々に減少します。減少のペースには個人差がありますが、40~50歳ごろから急激に減り始めるのが一般的。60歳の時点では、平均して20代の数値のおよそ70%程度にまで減ってしまいます。

近年では、「骨密度が減少すると、骨そのものも縮む」ということが分かっています。加齢によって骨密度が減り、頭がい骨が縮んだ結果、表面にある皮膚が余ってしまい、たるみを生じてしまうというわけです。

加齢で顔がたるむ理由2
「コラーゲン・エラスチンの減少」

肌の奥の真皮層に存在し、表皮を支えることでぷるんとした弾力を生み出してくれる「コラーゲン」と「エラスチン」。このコラーゲン・エラスチンもまた、25歳ごろをピークに徐々に減少していきます。

コラーゲン・エラスチンの量が減ると、皮膚はハリを失い、下へと垂れ下がってしまいます。こうしたたるみのほか、目元や口元などにできるシワもまた、コラーゲン・エラスチンが減少したことによるものです。

加齢で顔がたるむ理由3
「筋肉の衰え」

顔の皮膚の下には、20種類以上もの筋肉が存在します。

「食事の際によく噛まない」「あまり笑わない」「長時間うつむいてスマホや本を見ている」といった生活習慣を長年続けていると、筋肉は徐々に衰えて下垂していきます。目元がぼんやりと眠たげな印象になる、フェイスラインが緩んで曖昧になるといった現象は、筋肉が衰えてたるんだことによるものです。

あなたは大丈夫?筋肉の「衰え度」をチェックしてみよう

骨や真皮とは違い、筋肉は使うことで鍛えることができます。忍び寄るたるみに待ったをかけるため、まずは自分が顔の筋肉をきちんと使えているかどうかをチェックしてみましょう。

はじめに、目を大きく見開いたまま5秒ほどキープします。次に、「口角をぐっと上げて笑った形を作り、下げて口を閉じる」という動きを10回行いましょう。目は大きく開けたまま、口だけを動かすよう意識してください。

10回動かし終えたら、次のチェックリストに当てはまる項目がないかを確かめてみましょう。

  1. 眉が上がり、シワが寄る
  2. 口を動かす際、目に力が入る
  3. 口角やほほに疲れを感じる、ヒクヒク動く
  4. 左右の口角を同じように上げられない

1に当てはまった場合はまぶた、2~4に1つ以上当てはまった場合は頬の筋肉が衰えている可能性があります。生活習慣の見直しや顔のトレーニングを行い、たるみを食い止めましょう。