ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » 顔のたるみ対策ナビ

顔のたるみ対策ナビ

できることならいつまでも若々しくハリのある肌を保ちたいのは当然のこと。そんな悩めるあなたのために、アンチエイジングの大敵ともいえる「顔のたるみに」フォーカスを当て、たるみの原因や対策法などをまとめました。

顔のたるみの原因

ふと鏡を見たときにたるみに気づくとショックですよね。顔のたるみで悩んでいる女性、とっても多いと思います。

たるみは年齢を重ねるとともに出てくるものだと思われがちですが、実は年齢だけが原因ではありません。紫外線の影響や、睡眠不足など日常生活のなにげない行動の中にたるみの原因が隠れていることもあるのです。適切な対策を取れば予防・改善できるので、今一度自分の生活を振り返ってみましょう。

こちらでは顔のたるみの原因や要因を紹介していきます。ほほやおでこ、あごなど顔のパーツごとに検証していきましょう。

あなたは顔デカ?その原因は「たるみ」かも!

「なんだか最近顔が大きくなった?」と感じること、ありませんか?それは太ったからではなく、たるみが原因となっていることも。

こちらでは、本当に自分の顔は大きいのか?知りたいようで知りたくない、恐怖のチェック方法をご紹介。日本人の顔の大きさの平均値、A5ノートを使った簡単な計測方法などをまとめています。加齢を含めた顔のたるみの3大原因も紹介しています。普段の生活の中にも顔がたるみ大きくなってしまう理由が存在するので、今一度原因をチェックして正しい対策を取りましょう。小顔になりたい方は必見です。

隠れたるみってご存知?

目に見えてたるんでいる症状ではなく、現時点ではたるんでいないものの、将来表面的に現れる可能性の高いたるみを「隠れたるみ」といいます。「ちょっと気になるけど…大丈夫だろう」と放っておくと、そのままたるんだ顔へと一直線かもしれませんよ?

隠れたるみのチェック方法である「ミラータイムマシーン」もご紹介。自分が10年後もキレイでいるために、1度試してみてはいかがでしょうか?今日から自分の顔としっかり向き合って、早めの対策を取っておくのがベストですね。

糖化とたるみの関係

体内のタンパク質が糖と結びつき、体温で温まることによって劣化する現象が「糖化」。劣化したタンパク質はAGEsと呼ばれ、肌の老化現象を加速させることで知られています。その代表例が、たるみ。糖化が起こるとコラーゲンが劣化し、肌からハリが失われます。さらに、新たなコラーゲンの生成も妨げられるため、ますますたるみが進んでしまうことに。

「スマホ顔」はシミ・たるみの原因!改善法は?

無表情のままスマホを長時間眺める生活が続くと、顔の筋肉が徐々に衰えていきます。また、画面ばかりを注視することによって目の周辺の血行が悪くなり、クマやしわを生じることも。さらに、うつむいた姿勢によって首・肩・頭皮が凝り固まった結果、顔の皮膚を引き上げる力が衰え、顔全体がたるんでしまう恐れもあるのです。

顔のたるみは頭皮が原因かも!?

忘れがちですが、頭皮も「皮膚」であることに変わりはありません。コラーゲン・エラスチンが減少したり、筋肉が衰えたりすると、顔やボディと同じようにたるんでいくのです。頭皮は顔の皮膚と繋がっているため、頭皮がたるめば、顔も一緒にたるんでしまうことに。顔のたるみケアの効果が一向に出ないと感じた時は、頭皮のたるみケアにも注力してみましょう。

顔のたるみを予防する方法はある?

たるみを引き起こす原因は、加齢だけではありません。紫外線やストレス、食生活の乱れ、運動不足など、さまざまな要因が関係しているのです。たるみに繋がる要素を知り、今から対策を取り入れれば、将来のたるみを予防できるかもしれません。

年齢による変化と顔のたるみ度チェック

たるみの原因の中でも、避けようがないのが「加齢」。加齢によって起こる、「骨密度の減少」「コラーゲン・エラスチンの減少」「筋肉の衰え」といったさまざまな要素が絡み合い、顔のたるみに繋がってしまうのです。

顔のたるみは「筋肉」の違いで決まる?

顔のたるみは、どんな人にも同じように起こるわけではありません。たるみを予防するカギは、「筋肉」。なかでも重要なのが、顔の下半分にある筋肉です。トレーニングで「顔筋」をしっかり鍛えれば、重力に負けない若々しい顔立ちをキープできる可能性も。

顔のたるみが左右で違う理由と対策

顔の左右どちらか一方だけ、明らかにたるみ方がひどい…。それは、顔が歪んでいるせいかも。生活習慣のクセによって、顔が歪むことは少なくないのです。さらに、歪みを放っておくと、たるみの悪化を招く恐れも。歪みの原因と対処方法を知り、バランスのとれた顔を取り戻しましょう。