ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの副作用とダウンタイム » ウルセラ施術後の腫れ

ウルセラ施術後の腫れ

ウルセラは腫れや赤みはほとんど出ない

ウルセラは超音波を照射して皮下脂肪の内側へ熱エネルギーを伝える施術です。肌の表面へ傷をつけることはなく、腫れや赤みも軽度。表皮や真皮の部分など照射の失敗により浅い層に熱が加わってしまうと火傷が生じる可能性もありますが、技術の確かな医師による施術であればそのようなトラブルもほぼないと言っていいでしょう。

軽い腫れやむくみが出るのは数日程度

ウルセラの照射を受けた直後にうっすらと赤みが出ることはありますが、翌日までには治まります。また、施術終了後すぐにメイクもできますから隠すことも可能です。

照射後翌日以降に腫れまたはむくみが出ることがあります。しかし多くは他人から見て分かるほど明らかな腫れは出ませんし、むくみが出た場合も5日から1週間ほどで引いてきます。

ジーンとした痛みは1~2週間ほどで消える

照射した後、肌の奥の方がジーンとするような感覚が出たり、肌を抑えると奥の方で鈍い痛みを感じることがあります。これは筋膜や皮下組織に効いている証拠でもあり、1~2週間ほどで消えるので心配は無用です。

2週間は乾燥しやすくなるのでご注意

皮膚の下へ熱を加えたことで、一時的に水分量が減り肌が乾燥しやすくなります。施術を受けてから2週間ほどは乾燥を感じやすくなったり肌荒れしやすい状態が続くので、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

おでこへの照射で神経痛を感じることも

眉の上あたりには眼窩上神経という太い神経が走っていて、この部分にウルセラを照射すると頭皮の方へ響くような神経痛が出るケースもあります。このような神経の痛みであっても、遅くとも1ヶ月後くらいにはなくなりますので心配いりません。

あわせて読みたい!
ウルセラ体験|58歳女性編

ウルセラの治療後の経過

照射を受けた後どのような過程で治療効果が出てくるのか、チェックしていきましょう。

施術後1~2週間はハリ不足を感じることも

術後2週間ほどは乾燥しやすい時期であり、お肌のハリがなくなったな、と一時的に感じることもあります。肌の奥はウルセラで熱ダメージを受けたわけなので、最初の1~2週間は回復するまでの準備期間とも言えます。

2~3ヶ月かけて徐々に引き上がってくる

肌の奥で受けたダメージを徐々に回復させ、コラーゲンやヒアルロン酸が増加してくるのでハリがアップする時期です。目尻や額などでは突っ張るような感覚が出ることもあります。

9~12ヶ月で引き上げ効果が薄れてくる

ウルセラのリフトアップ効果は2~3ヶ月ごろからピークを迎え、9~12ヶ月後くらいで徐々に薄れ始めてきます。効果がなくなってくるとはいえ元の状態に戻っていくだけで、さらにたるみがひどくなるということはありません。

関連するページ

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)