ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの副作用とダウンタイム » ウルセラ施術後の引きつりについて

ウルセラ施術後の引きつりについて

ウルセラ治療施術後の引きつりは大丈夫なものなのか?

ウルセラの高い効果に喜ぶ声と同時に「施術後に引きつることがあるらしいと聞いたけれど、それは失敗なのでしょうか?」「ウルセラによるたるみ治療の後に、つっぱる感じや引きつりを感じます。これは大丈夫なのでしょうか?」という不安の声も耳にします。

確かにウルセラの施術後には、引きつりや引きつり感が出ます。しかし、これは失敗したからではありません。むしろ治療の効果によって起こっていることと考えられます。

ウルセラは超音波を使って皮膚の奥の深い部分にある筋膜や筋肉に60~80度前後の熱をあて、タンパク質を凝縮させます。イメージとしてはお肉を焼くと火の通ったところがギュッと縮む、という場面を想像していただくとがわかりやすいでしょうか。そうやって熱の加わった筋膜が縮むことによってゆるみが引き締まります。引きつりと感じるのはこういった変化が起きているからなので心配はいりません。

では、引きつる原因についてもう少し詳しく見ていきましょう。

なぜ引きつるのか?

例えば顔のリフトアップ。ウルセラは焦点式超音波と呼ばれる超音波を1点に集め、その熱エネルギーで深いところにあるSMASと呼ばれる筋膜を焼きます。焼かれた筋膜は瞬時にタンパク質が凝縮します。

このSMASという筋膜は頭からおでこ、こめかみ、頬、首といった広い範囲表情筋を覆っている筋膜です。SMASとその周囲の筋肉の的確な場所に照射し、計画的に凝縮させることで皮膚の内部のゆるみが引き締まりたるみを強力にリフトアップできるという治療法です。

照射後の引きつりは、この効果が表れ顔の輪郭周囲の皮膚が引き上げられているために感じるものです。いわば効果が実感できているということになりますので心配はいりません。

引きつったときの対処法は?

痛みや違和感など、人が感じる感覚には個人差があります。まして始めて施術を受けた時など、引きつりを感じたら不安になって当然です。

「先生はカウンセリングの時に“軽く引きつる感じがしますが心配いりません”と言っていましたが、この引きつりは軽い程度なのでしょうか…それとも…」と不安になってしまう方もいることでしょう。

皮膚の内部ではダメージを受けている状態です。施術直後は引きつりや違和感を感じて当然です。時間の経過とともに軽減されるのであれば問題はありません。冷やしてしまうと効果が感じられなくなる場合もあります。

不安な場合や引きつり感が強くなっていく場合など異常を感じた場合は、施術を行った病院へ問い合わせて診察を受けるようにしましょう。

そもそも引きつるとは?

「引きつる」の意味は、やけどやケガの後に皮膚が引っ張られたようになることをいいます。

やけどやケガをすると傷跡は硬く盛り上がり縮みます。そうするとその周りの皮膚は縮みに連動して引っ張られます。これが引きつりの簡単なメカニズムです。

引きつりの起こる原因は様々ですが、やけど・外傷・手術跡などが主なところです。特に深いやけどを負った場合、表面の傷が治ったように見えても引きつれが残る場合もあります。

深いやけどの場合、皮膚の三層構造(表皮・真皮・皮下組織)の中の真皮に存在する汗腺や皮脂などと呼ばれる皮膚付属器官が失われてしまいます。人間には治癒再生能力が備わっていて、こういう場合は周囲の皮膚が縮まることで傷をふさごうとします。こういった変化が引きつりの原因になるのです。

ウルセラではこういったメカニズムを利用して、医師がコントロールしながら人工的に引きつりを作り出しているのです。

引きつりについて不安のある方

ウルセラ治療の特性から、引きつりは起こるものだということはおわかりいただけたと思います。それでもやはり不安に思う方はいることでしょう。

ウルセラの最大の特徴は「即効性」と「持続性」です。焦点式超音波による熱ダメージで縮んだ筋膜や筋肉に引っ張られるように肌の深い部分からゆるみが引きしまり、すぐにリフトアップ効果を感じられます。約3か月ほどこの効果が持続しているのと同時進行で熱ダメージで傷がついたと感じ治癒再生能力のスイッチが入りコラーゲンの生成が促進され、肌は内側からふっくらとしてきます。

異物や不自然に外から美容成分を入れて表面だけを取り繕うのとは違い、ウルセラは自分の体がもともと持っている作用を利用して、若々しさを取り戻せるように考えられた施術です。

美容医療は不安を持ったまま受けて良い結果に結びつくことはありません。心配なことや不安なことは事前のカウンセリングでしっかり解決しましょう。

ウルセラを受けた人の口コミ

・最近、顔のたるみとほうれい線が気になりだして悩んでいました。切る治療はしたくないし、ヒアルロン酸では引き締め効果はないし…と悩んでいたところウルセラを勧めていただきトライしてみました。思っていたよりも痛みはありましたが、我慢できないほどではありませんでした。不安に思っていた引きつりは一週間ほど筋肉痛のような感じがあっただけでした。これからの変化が楽しみです。

ウルセラを安全に受けるために

ウルセラの機器自体は非常に優秀です。狙ったところにピンポイントに的確で安全な熱を照射することが出来ます。

しかし、それを施術する医師の技術が伴っていないと効果どころか副作用でつらい思いをしてしまう可能性があります。医師の経験、技術、こういったことはインターネット上の文字だけでは伝わってきません。実際にカウンセリングを受けて、症例などを見ながらじっくりと説明を聞いて検討することをおすすめします。
名医は説明も上手ですから。

若々しくたるみのないフェイスラインで生き生きと人生を楽しむために。ウルセラの施術経験の豊富な信頼のできるクリニックを選んでいきましょう。