ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの副作用とダウンタイム » ウルセラで乾燥肌になる?

ウルセラで乾燥肌になる?

一時的な潤いダウンは肌を生まれ変わらせる準備

ウルセラの施術にて超音波が照射され皮下組織や筋膜へ熱が伝わると、熱を受けた細胞は水分量が減ってしまいます。その結果、お顔の肌全体が乾燥しやすくなってしまい、乾燥が進むと肌荒れを起こしてしまうこともあります。

施術後1~2週間は乾燥&紫外線対策をしっかりと

ウルセラ照射による肌ダメージが落ち着き、回復を始めるまでの2週間ほどは一時的に肌の調子が落ち込みます。その間は特に気を付けて保湿ケアをしたいところです。

施術後の流れと対策

ウルセラの照射を受けてから数日は、腫れやむくみが発生することがあります。その期間が終わると、今度は肌がやたらと乾燥しやすくなり、ハリがなくなってしぼんだように感じる時期がやってきます。

しかし、これは肌の奥が熱ダメージを受けとめて回復を始めるまでの準備期間。ウルセラの効果が出現するまでのプロセスといえる段階なので乾燥すること自体には特に問題はありませんが、この時期に乾燥対策を怠ってしまうと思わぬ肌トラブルを引き起こしかねませんので注意が必要です。

クリニックから紹介されるケアアイテムの活用

この期間の乾燥対策としてケアアイテムを紹介してくれるクリニックもあります。いつもの乾燥対策にプラスして入念に行うことで、肌のダメージをいち早く回復できるよう努めましょう。

日焼け対策は?乾燥時期の注意点

また、紫外線のダメージを受けることでも肌の乾燥は進んでしまうので、この時期の日焼けには注意が必要となります。季節を問わずにUVケアアイテムなどを常備して、日常の紫外線もきちんと避けるよう意識しておくといいですね。

この時期をきちんと乗り越えれば、徐々にヒアルロン酸やコラーゲンが増産され肌のハリが確実にアップしてきます。さらに術後2~3ヶ月もすれば、たるみが引き上がってきていることを実感できるはずなので、それまでの我慢です。しっかりとケアして乗り越えましょう。

あわせて読みたい!
ウルセラ体験|施術3日後編

関連するページ

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)