ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの副作用とダウンタイム » ウルセラ治療で癌になる?

ウルセラ治療で癌になる?

最近、有名芸能人の癌の原因の1つに、ウルセラ治療が挙げられるのでは?と話題になりました。

たるみ治療の代表ともいえるウルセラは、今や多くの人が施術を受けています。ですが、癌などの大きな病気の原因になると取り上げられては、安心して施術を受けられないでしょう。

ここでは、ウルセラ治療を行うことで癌発症のリスクが高まるのかを紹介します。ウルセラ治療を受けようと思っている人はチェックしておきましょう。

ウルセラ治療と癌の発症に因果関係は無い

結論から言うと、国内でウルセラなどの美容医療を受けて癌を発症したという事例は、今現在報告されていません。

そもそもウルセラ治療は、癌の治療に用いられている高密度焦点式超音波(HIFU)という技術を採用しています。皮膚の奥深くにある筋膜のみに熱エネルギーを照射するため、皮膚やその他の器官に影響の無い安全な治療です。

アメリカFDAにリフト機器として唯一認可を受けた、学術的にも問題の無い機器なので、正しく適切に使った場合癌との関係性は極めて低いでしょう。

ただ使う側が「間違った治療」を行った場合、肌を過度に傷つけたり火傷などで跡が残るといったリスクはあります。レーザー治療で効果に見合わない後遺症や合併症が起こるのは、医師の間違った使い方がほとんどです。

そのため、正しい使用法を守れば安全は確保されます。

ウルセラ治療で起こり得るリスク

高い安全性が確保できるウルセラ治療ですが、肌の奥深くにある筋膜へ直接エネルギーを与える治療のため、少なからずリスクが発生する可能性はあります。

では、一体どのようなリスクがあるのでしょうか。治療を受ける前に確認しておきましょう。

神経の炎症

顔には太い細いに関係なく、たくさんの神経が通っています。ウルセラは筋膜へエネルギーを届ける治療ですが、時に神経にも影響を与える可能性があるのです。

細い神経の場合は特に問題ありませんが、額やこめかみなどに存在する太い神経にエネルギーが作用した場合、しびれや表情が動かしにくい、感覚の麻痺などが生じます。

ほとんどのクリニックでは照射前に入念なマーキングを行い、太い神経のある部分は避けて照射します。そのため、これまで経過観察で麻痺が回復しなかったという報告はありません。

やけど

トランスデューサーが肌にきちんと密着していない状態で照射を行うと、表皮などの浅い部分に熱が加わり火傷が起きる場合があります。特に皮膚の薄い人ややせ型の人は、骨ばっているので火傷を生じる可能性が高いです。

こちらに関しては施術者の技術に左右されるため、定期的に技術トレーニングや研修を行っているクリニックを選ぶようにしましょう。

脂肪の収縮

熱エネルギーが皮下組織にアプローチしてしまうことで、脂肪が収縮する可能性があります。これまで(2019年7月現在)1度として脂肪収縮の症例は報告されていませんが、理論上起こり得るリスクです。

皮膚が薄い人ややせ型の人は皮膚の深い層までエネルギーが届きやすいため、エコーで随時照射位置を確認しながら照射します。