ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの治療効果 » ウルセラが持つ毛穴への効果とは?

ウルセラが持つ毛穴への効果とは?

ウルセラはたるみへの効果が期待されていますが、毛穴にも良い影響が期待されています。毛穴にどのような影響があるのかについて解説します。

毛穴への効果とは

ウルセラはたるみ治療の施術方法として人気が高い施術です。施術を受ける人のほとんどが、加齢や紫外線による肌のたるみを気にしています。その悩みを解決するために施術を受けた結果、気づけば毛穴が以前よりもキュッと締まっていてスッキリ肌になっていることがあるようです。

美容クリニックによっては、ウルセラの効果として毛穴の引き締めを効果に数えているところもあります。

ウルセラが毛穴にアプローチする仕組み

ウルセラは顔の筋膜であるSMAS層に向けて照射されます。外から見る分には変化は分かりませんが、皮膚の内側では照射されたSMAS層が熱を帯びて、火傷のような状態に。その軽い火傷が治っていく工程で、筋膜がキュッと縮まり、たるみが軽減されるのです。

毛穴が開く原因はさまざまですが、その原因のひとつに「たるみ」があります。脂肪が下にたれると、肌も一緒に下がり、その時毛穴も下に広がっているのです。毛穴の形が縦に開いている場合は、たるみ毛穴だと考えられるでしょう。

そのため、たるみを改善すると縦に広がっていた毛穴も元の形に戻り、毛穴の開きが改善されたと感じるのです。

たるみ以外の毛穴が開く原因とは?

毛穴の開きはたるみだけが原因ではありません。たるみ以外の毛穴が開く原因は以下となります。

肌の乾燥

肌は乾燥すると毛穴が広がってしまいます。潤いを保てていない肌は、水分を蒸発しやすいドライスキン状態に。ドライスキン状態になると、毛穴の広がりだけでなく、さまざまな肌荒れを引き起こす原因となります。肌がカサカサしてしまったり、逆に皮脂でべったりしてしまったり、キレイな肌とは真逆の状態になってしまうのです。

皮脂の分泌が過剰

皮脂は多少あるぶんにはいいですが、過剰に生じると毛穴の開きに繋がります。皮脂が大量に作られると、その過剰な皮脂を外へ排出するために、毛穴が広がるのです。

毛穴の広がりを気にする人へ

このようにたるみ以外でも毛穴が開く原因は多く存在します。毛穴の開きがたるみによるものであれば、ウルセラは効果的ですが、たるみ以外の原因が考えられるのであれば、皮膚科医へ相談してみましょう。

たるみを実感していて、毛穴が縦状に開いている人は、ウルセラなどのたるみ治療でどちらも解決に近づくかもしれません。