ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの治療効果 » 【たるみ部位別】ウルセラの治療効果 » 顔全体|ウルセラの治療効果

顔全体|ウルセラの治療効果

顔のたるみとウルセラの効果

ほほや目のまわり、あご下、首のしわなど、パーツごとにたるみの原因は異なります。要因の1つは加齢による皮膚の老化。コラーゲンやエラスチンの減少によって肌の弾力が不足することに加え、表情筋の衰えでたるみを引き起こしてしまうのです。ウルセラは皮膚の奥深くにある筋膜に作用し、内側から強力に引き上げることで皮膚のたるみを改善。それぞれのパーツに合わせたショット数や出力で施術を行うので、無駄なく効果を得られます。

顔全体のたるみの原因

ほほやおでこなど部位によってたるみが生じる原因は少し異なりますが、顔全体として共通して言えることは、皮膚の老化がたるみの大きな要因となっている、ということです。

中でも以下のような点が顔のたるみの主な原因と言えます。

ひとつは、表皮の内側の真皮の部分が老化することによってコラーゲンが減少し、肌弾力が不足してしまい、表皮を支えられなくなってしまう、ということ。

ふたつ目は筋肉の老化によって、顔の皮膚を支えている表情筋がゆるんだ結果、皮膚の構造が崩れてしまうことです。

さらに、皮下脂肪も真皮のように老化すると弾力がなくなってしまうので、脂肪の垂れ下がりもたるみの原因となるでしょう。また、代謝が落ちることによるむくみなども、皮膚が垂れ下がってしまう要因となることがあります。

たるみ対策に「コラーゲンの摂取」は効果がある?

先述の通り、コラーゲンの減少は、顔全体のたるみを引き起こす主な要因のひとつです。では、コラーゲンを含む食品や美容ドリンクなどを摂取したり、コラーゲン入りの化粧品を使ったりすれば、たるみを改善することができるのでしょうか?結論からいえば、答えは「効果があるとは限らない」です。

まず、コラーゲンを食べることによるたるみ改善などの美肌効果には、今のところ科学的な根拠がありません。

タンパク質の一種であるコラーゲンは、摂取すると体の中でアミノ酸などの小さな分子に分解され、肌のみならず全身のさまざまな場所へと運ばれていきます。アミノ酸は体内でのコラーゲン生成に必要な成分であるため「食べても無意味」とまでは言いきれません。しかし、コラーゲン入りのサプリなどを摂ったからといって、それが必ずしも肌の内側のコラーゲン生成に役立つとは限らないのです。

また、コラーゲンの分子はとても大きいため、コラーゲン入りの化粧水などを塗っても皮膚の奥までは吸収されていきません。肌の保湿には効果が期待できますが、たるみの改善を目的としている場合は、別の方法でのアプローチを行った方がよいでしょう。

国立健康・栄養研究所のコラムでも以下のように記載されてます。

現時点での科学的知見では、コラーゲンを食べることで「美肌」や「関節の健康維持」といった効果が出るかどうかは不明です。

引用元:国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部 健康食品情報研究室
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail2204.html

顔全体へのウルセラ治療効果

顔の各部位へのウルセラの治療効果や、最適な出力・ショット数などを紹介します。

ほほ

  • 約280ショット
  • 3.0mmまたは4.5mmカートリッジ

皮膚の内側からほほを強力に引き上げることでたるみを解消し、ほうれい線やマリオネットラインが軽減します。

あご下

  • 約140ショット
  • 3.0mmまたは45mmカートリッジ

二重あごやあご下のたるみなどの改善効果が期待できます。

おでこ

  • 40~60ショット
  • 3.0mmカートリッジ

おでこにたるみがある人はもちろん、まぶたが重く垂れ下がっている方や、目尻が下がり気味の方にも引き上げ効果が期待できます。

まぶた

  • 額と目尻に40〜60ショット
  • 3.0mmカートリッジ

まぶたには直接ウルセラを照射できないので、額と目尻に施術することでまぶたを引き上げる方法を選択します。

目の下

  • 目尻と目元に40ショット
  • 3.0mmまたは1.5mmカートリッジ

目尻やこめかみの部分には3.0mm、目の下には1.5mmのカートリッジを使用できます。目の周りは皮膚が薄いので慎重な施術のうえで、目の下のたるみやクマ、目尻の小じわなどを改善します。

首のしわ

  • あご下に140ショット
  • 3.0mmまたは4.5mmカートリッジ

年齢を感じやすい首のしわでお悩みの方には、あごの下へ照射してたるみを引き上げることで、首のシワにも効果をもたらします。

知っておこう!顔にウルセラを行うリスク

ウルセラの施術を顔全体に行った場合、リスクや副作用が発現する可能性は、部分的に施術を行うよりも高くなります。ウルセラの超音波が神経に対し影響を及ぼした場合、一時的に強いしびれを感じたり、表情が動かしにくくなるなどの感覚麻痺を発現するでしょう。

また、ウルセラの超音波は、深い位置の皮下組織に対しても影響を及ぼす可能性があります。万が一皮下組織に影響が出た場合、脂肪が収縮するリスクが考えられるのです。これは、皮膚が薄い人や痩せ型の人に起こり得る副作用になります。

さらに、凹凸のある部分は機械がしっかりと密着しにくく、機械と皮膚の間に隙間ができることがあるでしょう。隙間ができた箇所は、皮膚の浅い部分に熱が加わり火傷が起きるリスクがあります。

他の部位へのウルセラの効果

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)