ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの治療効果 » 【たるみ部位別】ウルセラの治療効果 » あご下|ウルセラの治療効果

あご下|ウルセラの治療効果

顎下のたるみとウルセラの効果

弾力を失い伸びきった皮膚が集まり、筋肉が衰えて垂れ下がる老化の現れやすいのが、あご下です。あごの下がたるむ主な要因は、口周りの筋肉の衰えや皮膚の弾力不足。あご下のたるみを放置していると二重あごや首の横じわができてしまいます。ウルセラは、あご下の皮膚の奥にある筋膜に超音波を照射して、熱エネルギーで引き締め効果を狙う施術です。このページでは、プライベートクリニック吉祥寺の院長を務める佐藤隆悟先生の監修のもと、あご下のたるみに照射する場合のウルセラの出力レベル、ショット数などの情報をご紹介しています。

あごのたるみの原因

あごの下のたるみや二重あごは、多くの人を悩ませているアンチエイジングの大敵。その主な原因には、年齢を重ねることによる皮膚の劣化や、肥満による皮下脂肪の蓄積などが挙げられます。

あご下は皮膚や脂肪が集まりやすい部位

元々あごの下は、老化によって垂れ下がった皮膚や皮下脂肪が集まりやすい場所です。加齢によって弾力を失い伸びきってしまった皮膚は行き場を無くしてあごの下あたりに集まり、その結果としてたるみが生じてしまいます。

筋肉も垂れ下がり二重あごを形成

また、この部分の筋肉は、平常時からあまり使われないものなので、皮膚だけでなく筋肉も加齢によって衰え垂れ下がりやすいのです。そうなると、ゆるんだ筋肉とたるんだ皮膚があごの下にどんどんたまってきてしまって二重あごに……というプロセスとなります。

ちなみに、あごの部分は骨と皮膚がしっかりつながっている部位なので、あご下と比較すると垂れ下がりは起こりにくいです。

あご下へのウルセラ治療効果

ウルセラは切らずにあご下のリフトアップができる治療として、2012年にアメリカの厚生省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品衛生局)から認定を受けています。手術をせずにリフトアップ効果があると認定されているのは、ウルセラのみです。あご下にウルセラをかけると首の皮膚が引き上げられ、あご下のたるみや首のシワが改善。フェイスラインの皮膚が引っ張られるためシャープになり、小顔を実現できます。ウルセラには強力な引き上げ効果があるのが、同じたるみ治療のサーマクールとは異なる点です。

また、ウルセラはダウンタイムがないのも嬉しいポイントのひとつとなっています。施術を受けたその日に、メイクをして帰宅することが可能です。神経に接している部位は痛みを感じるケースもありますが、麻酔を使用すればほぼ痛みがなく施術を受けられます。1回の施術で効果を実感できるので、仕事が忙しくて休めない人やメスを使用するのが怖い人には最適な治療法と言えるでしょう。

ウルセラの原理

切開をせずに超音波のみでたるみを解消するウルセラは、切らないフェイスリフトとして人気を集めています。高密度焦点式超音波(HIFU)を集束させ、分子レベルの摩擦熱をピンポイントでたるみの原因となるSMAS筋膜に照射することが可能です。原理は虫眼鏡を使用して、太陽の光を一点に集中させるのと似ています。光は組織や皮膚を通過できないため、超音波が使用されているのです。そのため深い層まで届き、高いリフトアップ効果が得られます。

ウルセラを照射した後は、点状に加熱されたコラーゲンが縮み凝縮。SMAS筋膜が引き締まり、すぐにリフトアップ効果を実感できます。その後は熱で縮んだコラーゲンを治そうと、新しいコラーゲンを生成。その結果、皮膚に弾力が出てたるみが改善し、数ヶ月に渡ってリフトアップ効果を実感できるのです。効果は半年から1年程度と長くなっています。さまざまな医療研究機関で臨床実験を繰り返し、安全性が立証されている治療法です。

ウルセラ治療のショット数と出力

ウルセラ治療は部位ごとに価格設定をしているクリニックが多くなっていますが、ショット数と部位の定義が不明瞭なのでクリニックごとの比較が難しくなっています。ただしショット数と出力に依存しているため、ショット数が多く出力が強いと効果が出やすいです。出力レベルは4段階あり、最大出力レベルで施術が行なわれていました。しかし痛みが強く出ることが多く、ウルセラは痛いというイメージが定着。そのため新たにガイドラインが更新され出力レベルは最大の4から2段階下となる3分の2の強さになり、ショット数が1.5倍に増加。ただし、結果を重視しているクリニックでは出力レベルを4に設定しているところもあります。

ウルセラの施術部位の定義と種類

ウルセラは部位によって、1.5mm・3.0mm・4.5mmと3種類のカートリッジを使い分けます。1.5mmは真皮の中、3.0mmは皮下組織、4.5mmはSMAS筋膜上層に対応。あご下は4.5mmが使用されます。

類似品には要注意

ウルセラはアメリカにあるウルセラ社が製造・販売行なっていますが、近年ウルセラを偽造した模造品が多数登場しています。ウルセラの後続機種のように広告を掲げ、ウルセラのような治療名を使用して治療を行なっているそうです。ウルセラの模造品はアメリカ食品医薬品衛生局の認可を取得していないものが多く、信頼性・安全性・再現性に欠けています。そのため、治療中にトラブルが発生する危険性も。クリニックを選ぶ際は、アメリカの厚生省にあたるFDA認可を取得しているのか確認することを徹底してください。

プライベートクリニック吉祥寺のあご下へのウルセラ治療

  • ウルセラ/サーマクールの併用も可
  • 3.0mmまたは4.5mmカートリッジで140ショット

あご下はウルセラの効果が真っ先に現れる

あごの下は、皮膚がたるみやすい部位ではありますが、逆にウルセラの効果を真っ先に感じられる箇所でもあります。施術前のたるみの状態とぜひ見比べてみてください。早い人なら1ヶ月から2ヶ月くらいでたるみや二重あごが引き上がってきたと感じ始めます。

ウルセラの施術では3.0mmまたは4.5mmカートリッジを使用し、140ショット前後の照射を行います。

首も含めた広範囲で効果を実感

あご下がリフトアップされると同時に、やっかいな首のシワも目立たなくなってきます。首からあごにかけての広範囲で効果が実感できるはずです。

また、サーマクールなど他の施術と組み合わせて行うことで、リフトアップ効果を長続きさせることも可能な部位です。ウルセラの施術を頻繁に受けられない場合など、ぜひ一度ご検討ください。

知っておこう!あご下にウルセラを行うリスク

ウルセラをあご下へ照射した場合、施術後に赤みを帯びることがあります。これは、機械を肌へ均一に当てることができないのが原因です。それにより、軽い火傷状態になったり、ミミズ腫れのように茶色い線が浮き出るリスクがあります。また、腫れやむくみを感じる人もいるでしょう。人に指摘されるほどではありませんが、自身では違和感を抱くかもしれません。これらの症状は1週間程度で治まりまるため、特別心配になるようなものではありません。

あご下は施術後強く押さえると痛みを感じることがあるでしょう。これは、筋膜が超音波に反応することが原因です。こちらも一過性のものなので、1~2週間程度で症状は治まります。症状が残ってしまうというケースは現段階では報告されていません。

他の部位へのウルセラの効果

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)