ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラの治療効果 » ウルセラの機械は安全なのか?

ウルセラの機械は安全なのか?

ウルセラの機械は安全なのか?

ウルセラに使うマシンは医療機器です。医師しか扱いを許されておらず、正しく使いこなせる医師であれば、安全に使えると言えます。しかし、それ以外の医師免許を持たない者、医師免許を持っていてもウルセラの仕組みや解剖学、皮膚構造についての理解が薄い者が扱うのは、安全とは言い切れません。

そのため、機械そのものが安全というよりも、扱う医師の腕によると言えるでしょう。

ウルセラマシンの火傷を起こすもの

ウルセラの手術は肌内部に高温を送り、皮膚の筋膜に火傷を負わせて、その火傷が治る過程で筋肉が収縮し、たるみが解消されるというもの。簡単に伝えると、肌の外側には見えない特殊なバーナーのようなものです。

バーナーであれば焼ける様子が目に見えるため、危ない!と分かりますが、ウルセラは内部のみに影響を与えるため、危険性が分かりません。けれど、内部だけに影響を与えるバーナーと考えるとその危険性は理解できるかと思います。

ウルセラで起こりうる事例

ウルセラの照射は実際のバーナーのように超高温では無く、じわじわと広がるような熱の与え方をします。そのため、その日はなんともなくても、3日後に影響が出てくることも。表面ではわからないぶん、その危険性は高いと言えるでしょう。

ウルセラは専門医にお願いしよう

一番怖いのは、神経を傷つけてしまうことです。ウルセラは照射箇所を間違えると顔の神経を傷つけてしまいます。実際にウルセラを受けた人の中には、施術後数日経ってから、顔面の半分がしびれてしまった。という事例も。

できるだけウルセラは専門医による治療を受けましょう。外科手術やウルセラの仕組みに詳しい医師であれば、皮膚からどんくらいの距離に当てれば効果があるのか、どの距離に当てると神経を傷つける可能性があるのかといった解剖学を元に施術を実施してくれます。

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)