ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラを受ける前に知っておきたい基礎知識 » ウルセラの施術時間と当日の流れ

ウルセラの施術時間と当日の流れ

ウルセラの施術時間はトータルで1~2時間

照射を行う部位やショット数などに応じてウルセラの施術時間は異なります。照射する部位が広範囲であったり、ショット数が多い時は一時間以上かかることもありますが、施術部位が限定されている場合だと30分経たずに終わることもあります。当日は、来院してカウンセリングから始まり、アフターケアまでトータルしても1~2時間ほどで終了します。

あわせて読みたい!
ウルセラ体験|施術当日編

施術当日の流れ

ここでは、来院してカウンセリングを受けるところからアフターケアまで、当日の施術の流れを順に追っていきます。

カウンセリング~治療同意書への記入

来院したら、まずは医師やナースによるカウンセリングを受けます。お悩みの内容やたるみの状態を確認し、施術部位や治療内容を決定するために必ず必要なことです。そのうえで施術の意思確認をし、同意書にサインをします。術中の痛みやダウンタイム、術後の注意点などについても説明されるので、不安な点は遠慮せずにしっかり聞いておきましょう。

あわせて読みたい!
ウルセラ体験|カウンセリング編

クレンジング~治療準備

メイクをしたままでは施術できないので、汚れが残らないようにクレンジングします。洗顔後はお肌に何もつけない状態である必要があります。

マーキング

ウルセラを照射する部分にマーキングをします。どの部分にどの角度で照射するのか、高い治療効果を出すための重要なポイントです。

照射テスト~照射

痛みの程度を確認するために、1~2回ジェルを塗布して照射します。痛みを軽減するために冷却しながらの照射を繰り返していきます。痛みに敏感な方に対しては施術に耐えられる強さまで出力を下げることもありますが、効果もそれだけ低下してしまいます。効果を犠牲にしないように麻酔を強力なものに変更して施術を行う場合もあります。

施術後

照射が終わったらジェルをふき取って終了です。ウルセラは施術当日は腫れや赤みが少なく、肌の表面に作用するものではないため特別なクールダウンやスキンケアは原則として必要ありません。洗顔後はすぐにお化粧することも可能です。

アフターケア

施術を受けた日は、体の循環が良くなったり汗をかくようなことをすると腫れが生じる可能性がありますので、飲酒や運動は控えて入浴はシャワーのみが無難です。腫れがもっとも現れる翌日になっても軽度な腫れしか見られなければ、普段通りに生活して構いません。想定外に腫れが出た場合は、翌日以降も運動などを控えた方が良いでしょう。痛みや腫れなど何か不安なことがあったらすぐにクリニックへ連絡するようにしてください。

院長 佐藤隆悟先生 院長 佐藤隆悟先生

プライベートクリニック吉祥寺
院長 佐藤隆悟先生

当サイト「ウルセラ式」は、ウルセラやサーマクールを専門に取り扱う『プライベートクリニック吉祥寺』院長・佐藤隆悟先生(日本形成外科学会認定専門医)にご監修いただいております。

プライベートクリニック吉祥寺の
公式サイトへ

電話でお問い合わせ・ご予約
0422-41-0509

電話受付時間10:00~21:00
(毎週火曜日、第2日曜日休診)