ウルセラ式|切らずに、自然に、マイナス5歳のたるみ治療 » ウルセラを受ける前に知っておきたい基礎知識 » ウルセラとヒアルロン酸注射

ウルセラとヒアルロン酸注射

ウルセラはヒアルロン酸注射と受けても大丈夫?

ウルセラの施術を受けてリフトアップをするのと同時に、ヒアルロン酸注射をしてシワを目立たなくすることは可能なのでしょうか。このページでは、ウルセラとヒアルロン酸注射の組み合わせは問題ないのかを解説します。

ヒアルロン酸注射とウルセラ

ヒアルロン酸は、年齢と共に減少していきますし、せっかくウルセラでリフトアップをしたのですから、ヒアルロン酸注射をしてさらに美しくなりたいと思うことでしょう。しかし、ウルセラと一緒に施術を受けるのは安全なのか、副作用は発生しないのかという点は、気になる部分です。それを知る前に、ヒアルロン酸について少し解説します。

ヒアルロン酸とは

水分を保つ役割り

ヒアルロン酸は、私たちの皮膚や関節、眼球などに存在する、粘り気を持った物質です。たった1gで、なんと約6リットルもの水分を溜め込む性質を持っています。そのため、肌では水分を保ち、ハリと潤いを作ってくれるのです。

加齢と共に減っていく

そんなヒアルロン酸は、年齢と共に少しずつ減少していきます。水分を保つ機能が失われると、シワやたるみが目立つようになり、これを改善するためにヒアルロン酸注射を行う施術が誕生しました。

ほうれい線や目の下のくぼみ、ゴルゴ線など、顔のくぼんだ部分に対しヒアルロン酸注射を行うと、シワの線や溝が膨らみ目立たなくなります。施術時間も約10分と短く、施術後すぐに効果を実感できるのも良いところでしょう。

アレルギーの心配なし

元々人間の身体に存在する物質なので、ヒアルロン酸注射でアレルギーを発現することはまずありません。注入後、ゆっくりと時間をかけて体内に吸収されるため、定期的に施術を受ける必要があるのも特徴の1つです。

このように、ヒアルロン酸注射は、皮膚にハリをもたらすことでシワを一時的に改善する施術です。ウルセラと組み合わせることで、若々しい顔を手に入れられることでしょう。

ウルセラとヒアルロン酸注射は一緒に受けても大丈夫?

では、ウルセラとヒアルロン酸注射は、一緒に施術を受けていいのでしょうか。結果から言うと、この2つの施術の併用は、臨床的に問題は起こっていないようです。実際にウルセラとヒアルロン酸注射を一緒に行うクリニックも存在します。

ウルセラとヒアルロン酸注射を一緒に受ける場合の手順

一般的に、ウルセラでの施術を行った後に、ヒアルロン酸注射を行います。先に注射を済ませて皮膚の奥で内出血があった後、ウルセラの施術をしてしまうと、内出血が酷くなる可能性があるからです。逆に、ウルセラ施術を先に行い、熱を持った肌に対してヒアルロン酸注射を打つと、むくみのような腫れが起き、肉芽腫へ発展するリスクが高まります。そのため、ウルセラとヒアルロン酸注射の施術を併用できるクリニックでは、注射の後に肌を冷やし、鎮静マスクを用いることが多いです。

また、クリニックによっては安全面を考慮し、ウルセラの施術と同じ日ではなく、2週間程度日にちを空けてからヒアルロン酸注射をすることを勧めています。